冬型の気圧配置次第に緩む 凍結などに警戒

冬型の気圧配置次第に緩む 凍結などに警戒

  • FBC 福井放送
  • 更新日:2023/01/25
No image

冬型の気圧配置次第に緩む 凍結などに警戒

26日の県内は寒気の峠は越えたものの、朝方は氷点下の冷え込みとなる予想で、気象台は引き続き、大雪や路面の凍結による交通障害に警戒するよう呼び掛けている。冬型の気圧配置は西から次第に緩む見込み。(1月25日)

福井県の天気予報(26日)

嶺北は雪、嶺南はくもり一時雪の予報で、朝の最低気温は福井でマイナス4度、大野でマイナス9度、敦賀でマイナス2度となっている。日中の最高気温は福井で4度、大野で1度、敦賀で4度となっている。

26日18時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で以下の通り。

嶺北平地 16センチ

嶺北山地 25センチ

奥越 35センチ

嶺南平地 8センチ

嶺南山地 13センチ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加