在日コリアンに対し差別的な落書き見つかる 川崎市

在日コリアンに対し差別的な落書き見つかる 川崎市

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/11/20
No image

動画を見る(元記事へ)

19日に川崎市の複数の公園で在日コリアンに対する差別的な内容の落書きが見つかりました。市は警察に被害届を提出する方針です。

市によりますと、夕方、川崎市多摩区の2カ所の公園で、ベンチや日よけの柱などに在日コリアンを誹謗(ひぼう)中傷する内容の落書きがあるのを区の職員が見つけました。落書きは、黒や白の油性ペンのようなもので書かれていて、合わせて11カ所で見つかりました。市は落書きされた場所に一時的にブルーシートをかぶせ、他の公園にも落書きがないか調べています。川崎市内では、2018年にも公園やバス停などで同様の落書きが数十カ所で見つかっていました。市は警察に被害届を提出することにしていて、警察は付近の防犯カメラの分析などを進める方針です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加