西岡良仁は2回戦でディミトロフに完敗。チチパスも初戦敗退

西岡良仁は2回戦でディミトロフに完敗。チチパスも初戦敗退

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2020/09/17
No image

現地16日の「ATP1000 ローマ」(イタリア・ローマ/9月14日~9月21日/クレーコート)大会3日目。男子シングルス2回戦で、世界50位の西岡良仁(日本/ミキハウス)が、第15シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦。西岡は1-6、0-6で敗れた。試合時間は55分。

西岡は1回戦では、前週開催の「ATP250 キッツビューエル」でツアー初優勝を飾った21歳のミオミル・キツマノビッチ(セルビア)に6-4、6-1で快勝。同大会本戦初勝利およびクレーコートのマスターズ1000大会初勝利を飾ったが、連勝とはならなかった。

西岡は立ち上がりで4ゲームを連取され、第5ゲームで長いデュースの攻防の末やっとキープしたものの、反撃はならず。ファーストサーブポイント獲得率は36%、セカンドサーブポイント獲得率は25%、総獲得ポイントは西岡が26ポイントに対し、ディミトロフは60ポイントと完敗だった。

勝利したディミトロフは3回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場の世界81位のヤニク・シンネル(イタリア)と対戦する。シンネルは2回戦から登場した第3シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)を6-1、6(9)-7、6-2で破っての勝ち上がり。

また翌大会4日目には錦織圭(日本/日清食品)が2回戦に登場する。世界249位で予選勝者のロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)と、日本時間18日午前4時頃から対戦する予定だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000 ローマ」での西岡良仁
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

wu-sagan

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加