秋の湯河原美術館、夜の紅葉は幻想的 26日から3日間ライトアップ

秋の湯河原美術館、夜の紅葉は幻想的 26日から3日間ライトアップ

  • カナロコ by 神奈川新聞
  • 更新日:2021/11/26
No image

幻想的に浮かび上がる紅葉を楽しんでもらおうと、湯河原町立湯河原美術館(同町宮上)は26~28日の3日間、同館の庭園でモミジのライトアップを実施する。開催は2年ぶり。期間中は同館は午後9時まで開館し、「豆乳甘酒」などを用意した夜間限定の特設ワゴンも登場する。

ライトアップは、通常閉館する午後4時半までに来館できない観光客や町民に立ち寄ってもらおうと、2011年に開始した。屋外の庭園には約30本のモミジが植えられ、同館は「散策がてらに訪れてほしい」と呼び掛けている。

ライトアップは午後4時半~同9時(最終入館は同8時半)。荒天中止。庭園は無料で入ることができる。入館料は大人600円、中学生以下300円。問い合わせは同館電話0465(63)7788。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加