産業用水中ドローン「DiveUnti300」に新機能と軽作業用アタッチメントが追加

産業用水中ドローン「DiveUnti300」に新機能と軽作業用アタッチメントが追加

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/09/15
No image

FullDepthは9月10日、同社の産業用水中ドローン「DiveUnti300」の拡張機能および軽作業用アタッチメントを発表した。

FullDepthは筑波大学発のスタートアップ。同社が開発したDiveUnit300は水深300mまで調査できる水中探査機で、超極細の光ケーブルで船上で遠隔操作でき、小型軽量なので機動性が良く水中点検などに用いられる。

新機能として、流れのある海中でも一定の位置にとどまる「ホバリング機能」と、水中での機体の角度を調整できる船底の検査などが容易となる「ボディピッチコントロール」を搭載。アタッチメントとして、対象物のサイズを測定するラインレーザー、水中物を回収できるグリッパー、360度カメラなどが追加できるようになった。

No image
No image

■関連サイト

ニュースリリース

FullDepth

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

No image

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

No image

ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加