DeNA・牧、今季4度目の猛打賞 リーグ2位の打率・426

DeNA・牧、今季4度目の猛打賞 リーグ2位の打率・426

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/04/07

(セ・リーグ、中日3-1DeNA、2回戦、1勝1敗、7日、バンテリンD)DeNAのD2位・牧秀悟内野手(22)=中大=が今季4度目の猛打賞を放ち、広島・菊池涼に次いでリーグ2位の打率・426とした。

「3番・一塁」で先発出場。一回1死一塁の第1打席で左前打を放って好機を拡大すると、三回1死一塁の第2打席でも右前打をマーク。3戦連続の複数安打で存在感を発揮すると、九回2死ではクローザーの祖父江から左前打。4日の広島戦(横浜)以来、2試合ぶり4度目の猛打賞で気を吐いた。

ルーキーの目覚ましい活躍に三浦監督は「日に日にマークが厳しくなる中で結果を出している。変化球もそうですしインサイドもそうですし、対応力が素晴らしい」と賞賛した。

No image

9回、安打を放つDeNA・牧=バンテリンドームナゴヤ(撮影・甘利慈)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加