石油管理院、横行する偽ガソリンの現場品質検査を初実施=韓国報道

石油管理院、横行する偽ガソリンの現場品質検査を初実施=韓国報道

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/08/06
No image

石油管理院、横行する偽ガソリンの現場品質検査を初実施=韓国報道(画像提供:wowkorea)

韓国石油管理院が違法な偽ガソリンを即座に判別することができる現場品質検査をテスト実施した。

石油管理院は夏休みシーズンの2~4日、チュンチョンナムド(忠清南道)ポリョン(保寧)市とともに、保寧泥祭りの会場周辺のガソリンスタンド20か所で現場品質検査をテスト実施したと明らかにした。今回の現場品質検査の結果、20か所すべてのガソリンスタンドで販売されているガソリンが品質基準を満たしており、石油管理院はこの日、これらのガソリンスタンドに検査結果を通知した。石油管理院は石油の品質・流通を管理する産業通商資源部傘下の準政府機関だ。

石油管理院が偽ガソリンを即座に判別できる現場品質検査を施行したのは今回が初めてだ。これまでは各ガソリンスタンドでサンプルを採取した後、分析結果が分かるまでに10日ほどかかっていた。しかし、最新の分析装備を搭載した移動式試験室を導入し、検査後すぐに試験分析できるようになった。これを活用すれば、検査の効率改善とともに、違法製品販売業者にただちに販売中止命令を下すことで消費者の被害を防ぐことができるというのが石油管理院の説明だ。

石油管理院のチャ・ドンヒョン理事長は「今回テスト実施した現場品質検査を徐々に拡大していく」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加