中日大敗も根尾の登板はなし ベンチ入り外れた理由に立浪監督「連投にならぬよう、初めは色々と考えて」

中日大敗も根尾の登板はなし ベンチ入り外れた理由に立浪監督「連投にならぬよう、初めは色々と考えて」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/06/24

◇セ・リーグ 中日0-10ヤクルト(2022年6月23日 バンテリンD)

No image

<中・ヤ>力投する根尾(撮影・椎名 航)

中日の根尾が23日のヤクルト戦ではベンチメンバーから外れた。

0―10と一方的にやられる展開は、本来なら新米投手の登板の可能性があるが、前日22日の同戦に1イニングを投げており、立浪監督が「連投にならないように、初めのうちは色々と考えて使っていきます」と説明した。

根尾はその22日は自己最速の152キロを計測して、わずか9球で3者凡退に抑えているが、交流戦明けに投手に転向したばかりで無理はさせない方針だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加