オリックス育成3位・宇田川 5位・佐野と合意 ともに年俸240万円

オリックス育成3位・宇田川 5位・佐野と合意 ともに年俸240万円

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/21
No image

仮契約を終えた育成3位の宇田川(左)と同5位の佐野如(球団提供)

オリックスは21日、育成ドラフト3位で指名した宇田川優希投手と育成5位で指名した佐野如一外野手(ともに仙台大)と仙台市内で契約交渉に臨み、ともに支度金300万円、年俸240万円で合意した。

背番号は宇田川が013、佐野が015に決まった。

150キロを超える直球と落差の大きいフォークボールが武器の宇田川は「仮契約が無事終わりほっとしています。セールスポイントでもあるストレートと落差のあるフォークでしっかりとアピールして、1日も早く支配下になり、1年目から1軍で投げたいと思っています。同世代の山本由伸投手など、いいピッチャーがたくさんいるので、超えられるように日々成長していきたいです。佐野如一と2人で1軍で活躍できるように頑張ります!」と話した。

走攻守三拍子そろった外野手の佐野は「仮契約を終えて、早くオリックスのユニホームを着てプレーしたいという気持ちになりました。自分はバッティングやリーダーシップを評価していただいていると思うので、初日からしっかりとアピールしていきたいと思います。吉田正尚選手をはじめ、素晴らしい選手がたくさんいるので、見て、聞いてレベルアップしていきたいです。宇田川と二人で切磋琢磨(せっさたくま)して頑張っていきます!」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加