デビューするのに高額機材は必要なし!?「金なしYouTuber」の始め方

デビューするのに高額機材は必要なし!?「金なしYouTuber」の始め方

  • @DIME
  • 更新日:2022/08/06
No image

どうもこんにちは、投資YouTuberのぽんちよです。

「YouTuberは稼げる」という認知が広がりつつある中で、「私も副業で取り組んでみようかな?」「YouTuberをやってみたい」という風に考えている人もいるのではないでしょうか?

また、「高額なカメラもないし」とYouTuberデビューに二の足を踏んでいる方もいると思います。そこで今回は実際に自分がYouTuberデビューするのにかかった初期コストを紹介しつつ、資金がなくてもYouTuberになれるということをお伝えしたいと思います!

高額機材が求められるYouTuberジャンルとは?

いまや「YouTuber」と一括りにしても、娯楽・エンタメ系、ファッション系、ガジェット系や教育系まで、そのジャンルは多岐にわたります。この中でも特にファッション系やエンタメ系のYouTuberをしていくのなら、映像美も求められるため、高額な機材を必要とするでしょう。

例えば、手軽にきれいな映像を撮影でき、YouTuberの中で人気を集めているカメラのひとつ、Sony「α7Ⅲ」は、25~30万円と非常に高額です。YouTubeで収益化できるかもわからない駆け出しYouTuberに、ポンっと出せる金額ではないでしょう。ただしジレンマとしては、人気のYouTuberが企画力・映像ともに優れた動画を作るなかで、駆け出しYouTuberが安い機材で中途半端な映像の動画をアップしても人気になることはありません。

また、4Kなど高画質な映像であればあるほど、動画編集時のPCの負荷も高くなります。結果として高性能なカメラだけではなく、高性能なPCまで必要になってしまい、YouTuberを始めようにも30万以上の初期投資が必要になってしまいます。

お金をかけずにYouTuberを始めるには?実際にかかった初期コスト

映像美が必要とされるジャンルでは、当然それ相応の機材・初期投資を必要としますが、お金がなくても始められるジャンルというのも存在します。

例えば、事件解説や雑学解説などで人気を博す「ゆっくり動画(音声読み上げアプリを使った動画)」では、映像よりもセリフ・ストーリーに重点が置かれるため、映像の綺麗さは求められていません。それらのチャンネルでは、もはや映像ではなく、フリー素材サイトの画像を画面に張り付けているだけの場合もあります。また、教育系ジャンルなどであれば、パワーポイントやGoogleスライドなどのアプリを使ったプレゼンテーション形式の動画も可能です。

No image

著者自身もパワーポイントを使用しプレゼンテーション形式で動画配信

現在YouTubeでは、「映像がみたい」というよりも、運転中・家事中にラジオ感覚で聞き流せるような動画の需要も増えており、その需要にマッチした動画であれば初期投資も抑えてYouTuberを始めることができます。

実際に私自身、現在登録者34万人で専業YouTuberとして生計を立てられていますが、パワーポイントを使ったプレゼン形式の動画なため、機材費用をかける必要はありません。また、現在は動画編集の効率化のため高性能PCを使用しているものの、チャンネル開設当時は学生時代のオンボロパソコンを使用し、初期投資額は収録用に購入した約1300円のマイク付きヘッドホンのみです。

初期投資必ずしも必要ない!!ただし工夫は必要

前述のように初期投資をかけずに始められるジャンルがあることから、誰しもがYouTuberとして稼いでいくチャンスはあります。ただし映像美に拘らないジャンルというのは当然、動画の構成力・ストーリーの質が求められています。

またそれ以外に、動画として楽しませる工夫も必要になってきます。例えば私がプレゼンテーション形式の動画を作り始めたのは、初期コストがかからないという理由以外にも、学生時代にプレゼンテーションが好き・得意だったからです。ただし学生時代の研究生活では、プレゼンテーションは「1スライドにつき1分喋る」というのが慣例とされていました。グラフ・表などの研究データを聴講者に理解してもらうには、それぐらいじっくりスライドを眺める時間が必要なのです。

しかし、現在YouTubeで動画を作る時には、1スライド5~10秒程度にし、できるだけ動きのあるプレゼンテーションを心がけています。これは画面に動きのない動画は視聴者に「飽き」を感じさせてしまうため、それを緩和するための工夫となります。

また、本来初期コストがかかるジャンルに対し工夫を凝らすことで、お金をかけずに動画を作ることもできます。例えばファッション系だったとしても、「ファッションブランドの歴史を紹介する」「新作の注目商品を公式HP画像で紹介する」等であれば、ネット上の画像で動画を作ることは可能でしょう。

パソコンやカメラなどのガジェットレビュー動画を作るにしても、その商品を購入し性能をレビューするのではなく、各メーカーのカタログ値を比較して開設する動画を作ることも可能です。一見「初期コストがかかる」と思っても、お金をかけずに動画を作り出せる可能性は無限大に広がっています! 今まで「カメラを買わないと」とYouTuberデビューに二の足を踏んでいた人は、ぜひこれを機会にチャレンジしてみましょう。

No image

文/ぽんちよ
投資系YouTuber。2019年10月からYouTubeチャンネル『投資家ぽんちよ』を開設し、投資や副業、セミリタイアに関わることを発信している。サラリーマンとして働きながら活動していたが、2022年3月にFIRE達成。YouTubeチャンネルはこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加