中日R・マルティネスがリーグトップ21S「集中」

中日R・マルティネスがリーグトップ21S「集中」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/17
No image

広島対中日 9回裏広島、ライデル・マルティネス(撮影・加藤孝規)

<広島2-5中日>◇17日◇マツダスタジアム

守護神の中日R・マルティネス投手が、セ・リーグ新記録となる24イニング連続奪三振をマークした。

9回に菊池涼、大盛、長野を3者連続三振に仕留め、逆転勝利を完結。68年の阪神江夏の23イニング連続奪三振を超えた。リーグトップの21セーブを挙げ「(タイトルは)取れればうれしいが、終わってからついてくる。1試合1試合集中して投げる」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加