多部未華子、激ヤセの松坂桃李に“お触り”「ウエストがぞっとするくらい細くて」

多部未華子、激ヤセの松坂桃李に“お触り”「ウエストがぞっとするくらい細くて」

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/05/13
No image

映画「流浪の月」初日舞台あいさつに出席した多部未華子【写真:ENCOUNT編集部】

横浜流星はサプライズプレゼント明かす

映画「流浪の月」初日舞台あいさつが13日、都内の劇場で行われ、ダブル主演を務めた広瀬すずと松坂桃李、出演の横浜流星、多部未華子、メガホンをとった李相日監督が出席。また子役の増田光桜がサプライズ登場し、広瀬と松坂に花束を手渡した。

2020年本屋大賞に輝いた凪良ゆう氏による同名小説が原作。10歳のときに誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗と、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文の15年後の再会を描く。

文を演じた松坂は、役のために減量して激ヤセ。情報解禁には「激ヤセ報道」などもあったが、本人は「『激ヤセで何かあったのか』と言われていましたけど、そのうちわかるだろうなという感覚でしたね」と振り返った。

癒えない心の傷を抱える文に寄り添う看護師・谷あゆみを演じた多部は、李監督から「桃李くんを触って」と言われていたと明かし、「撮影の合間にずっと触らせていただいた」と告白。減量した松坂は「ウエストがぞっとするくらい細くて、その日に至るまでいろんな思いでここに立っているだと感じた。触りながら邪魔できないと感じましたね。常にそう思わせてくれる人柄と体型でした」と松坂の“役者魂”に感服している様子だった。

また、更紗の恋人・亮を演じた横浜は撮影中に誕生日を迎え、キャストと李監督からサプライズで祝福されたことを明かした。李監督から「1シーン追加」と依頼があり、現場に入った横浜。「ゴミ箱を2人(広瀬と松坂)に向かって投げろ」と言われてゴミ箱を覗くと、そこにプレゼントがあったという。

横浜は「1シーン追加と言われて『よし!』と意気込んでいたらプレゼントがあって。うれしいけど、1シーン追加ないんだって……。なんだか不思議な気持ちになった」と複雑な心境を吐露。プレゼントは「バカラのグラス」で、「お酒を入れて飲んでいます」と話した。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加