ルノー、F1由来の独自ハイブリッドを搭載したSUV「アルカナ」を今春日本導入

ルノー、F1由来の独自ハイブリッドを搭載したSUV「アルカナ」を今春日本導入

  • Car Watch
  • 更新日:2022/01/14

2022年1月14日 発表

No image

東京オートサロン2022会場で公開されたE-TECH HYBRID搭載のSUV「アルカナ」

ルノー・ジャポンは1月14日、F1で培ったノウハウを取り入れて独自に開発したハイブリッドシステム「E-TECH HYBRID(イーテックハイブリッド)」搭載モデルを順次日本に導入すると発表した。カスタムカーショー「東京オートサロン2022」(1月14日~16日開催)で同社はE-TECH HYBRIDを搭載したSUV「アルカナ」を展示しており、アルカナは今春に日本へ導入する予定という。

E-TECH HYBRIDは、F1を始めとするモータースポーツで使用されるドッグクラッチを採用し、軽量化、コンパクト化を果たしたトランスミッションを組み合わせたシステム。高い燃費性能はもちろん、モーターとエンジンそれぞれが得意とする領域で、その性能を最大限に引き出すことで街中ではストップ&ゴーをスムーズにこなし、追い越し時や高速道路では力強い加速が得られるなど、従来のパワートレーンを凌ぐドライブフィールを実現したとのこと。

No image

E-TECH HYBRID

F1のトランスミッションにはコンパクトで動力伝達効率に優れたドッグクラッチが採用されており、このドッグクラッチを使った従来のクラッチやシンクロナイザーも排したコンパクトなトランスミッションが考案された。このトランスミッションの実現性を検証するために使われたのが工業用のLEGOブロックで、ルノーのエンジニアはLEGOブロックを使ってトランスミッションのモデルを組み上げ、このアイデアが実際に機能するかどうかの検証を進めた。同時に、F1のエンジニアと協業してF1 のノウハウを活用した技術開発も進めたという。

No image
No image

トランスミッションの実現性を検証するために工業用のLEGOブロックが使われた

E-TECH HYBRIDはメインモーターであるE-モーター(36kW/205Nm)とHSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター。15kW/50Nm)という2基のモーターと、94PS/148Nmを発生する1.6リッター4気筒自然吸気エンジン、これらを繋ぐトランスミッションのドッグクラッチマルチモードATで構成され、従来のパワートレーンにはないスムーズな変速とダイレクトな加速を両立させた。このエンジンには、アライアンスエンジンのHR16が採用されたが、エンジンマッピング、ピストン、コネクティングロッド、クランクシャフトなど、いくつかのパーツをE-TECH HYBRIDに合わせるため再開発している。

なお、アルカナ、ルーテシア、キャプチャーには、1.2kWh(230V)のリチウムイオン電池を装備。燃費とCO2排出量を大幅に削減し、条件が許せば市街地走行時の最大80%の時間をフルエレクトリックモードで走行し、最大40%の燃料削減が可能(EU WLTP Urban mode)という。

編集部:小林 隆

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加