世界最小フルサイズ一眼、ソニーα7Cは21万円前後、10月23日発売。ウワサ通りの小型ミラーレス機に

世界最小フルサイズ一眼、ソニーα7Cは21万円前後、10月23日発売。ウワサ通りの小型ミラーレス機に

  • Engadget
  • 更新日:2020/09/15
No image

ここ数日、カメラ好きの間で大きなウワサとなっていたソニー製小型一眼『α7C』が、日本での正式発表となりました。

発売日は10月23日。市場推定価格はボディのみが21万円前後(税別)、レンズキット(同時発表の『FE 28-60mm F4-5.6』がセット)が24万円前後(同)となります。ボディカラーはシルバーとブラックの2色展開です。

発表前のウワサでは、既発売の『α7 III』より高価となるとの観測がありましたが、それは(ほぼギリギリですが)外れたこととなります(α7 IIIの発表時推定価格はボディのみで23万円前後)。

No image

▲ボディの天地長さは、α6600などと同様に「Eマウントでほぼサイズが決まる」サイズ感に

最大の特徴は、いわゆる35mmフルサイズイメージセンサーを搭載したカメラとしては小型・軽量となる点。ソニー側の発表では、「“フルサイズCMOSイメージセンサーを搭載し、光学式ボディ内手ブレ補正機構を内蔵したデジタル一眼カメラとして”世界最小・最軽量」としています。

レンズマウントはもちろん、NEXシリーズ、そしてα7/9シリーズから継承するEマウントです。

No image

▲天面側の操作系は撮影モードと露出補正ダイヤルを中心とした、比較的落ち着いた構成に

実際の本体サイズは約124.0×約71.1×約59.7mm(幅×高さ×奥行)、ボディ重量は約509g。ソニー側は「APS-Cセンサー搭載モデルの『α6600』とほぼ同等」とアピールします。

No image

▲α7 IIIとの大きさ、重量比較(公式製品ページより)。改めて並べられると、想像以上の差と呼べそうです(とくにボディ重量は)

現行モデルで性能が近い『α7 III』(126.9×95.6×73.7mm/約650g)と比較すると、一回り以上とも呼べそうなほどの小型化に。重量も141gと、かなりの差となっています。

なお詳細に見ると、α6600は約120.0×66.9×約69.3mm、重量は約503g。なので本機は容積比では約10%増、質量比では約1%増となります(リリースでもきっちり紹介されています)。

No image

▲背面側の操作系は、α6600と比べてさえもシンプルな印象。ある意味で“新シリーズの初代機種”感もあります

Source:ソニー α7C 製品ページ

(更新中)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加