ビオセボン×石井食品が開発した離乳食後期向け「ごはん&おかずセット」が登場

ビオセボン×石井食品が開発した離乳食後期向け「ごはん&おかずセット」が登場

  • KIDSNA
  • 更新日:2021/11/25
No image

国産有機米を使用し、素材の味を最大限に生かした安全安心の無添加調理(※「石井食品」での製造過程において食品添加物は不使用)。パッケージも環境に配慮し遊べる工夫が凝らされたデザインを採用

「ビオセボン・ジャポン」と「石井食品」が共同開発した、離乳食後期(月齢12カ月~)の子ども向けごはん&おかずセット「ぱくぱくセット」3種が、11月26日(金)より発売。

「ビオセボン」全店とオンラインストアのほか、「石井食品」運営のブランド「ISHII SHOKUHIN 365(新宿高島屋店)」にて購入可能となる。

No image

これまで「ビオセボン」では、月齢に合わせたベビーフードを用意してきたが、今回はニーズの高まりはあるものの国内で品揃えの少なかった、”パクパク期“用のセットを開発。

「ビオセボン」が提案する“日常使いのオーガニック”と、「ISHII SHOKUHIN 365」が掲げる“毎日の食卓に上質な安心を届ける”という、それぞれのブランドコンセプトに両社が共感し、今回の共同開発へと至った。

No image

「ぱくぱくセット」では、安全安心な無添加調理 のパイオニア「石井食品」の、技術・開発力を駆使。「石井食品」の製造過程において食品添加物を使わずに、素材の味を最大限に生かして製造されている。

No image

種類は、「和風まぜごはん&野菜と鶏の中華煮込み」「チキンライス&野菜のお出汁煮」「中華丼&鶏肉のトマト煮込み」の3種をラインナップ。

No image

12ヶ月からのぱくぱくセット 3種(和風まぜごはん&野菜と鶏の中華煮込み、チキンライス&野菜のお出汁煮、中華丼&鶏肉のトマト煮込み) 各646円(税込)

「ビオセボン」でも高い評価を得ている「秋川牧園」の鶏肉や、千葉県いすみ市の有機米「いすみっこ」を使用し、味わいは素材の味を生かしつつも子どもの食がすすむよう、出汁などのやさしい旨味を感じる仕上がりに。

具材のカットサイズも、野菜などの食感を楽しめるような工夫が凝らされている。

また、食事とスプーンがセットになっているため、お出かけの際の忘れものの心配が不要。そのままパッと持って出られる便利さがポイントだ。

No image

さらに、パッケージにもサステナブルで楽しいこだわりが。内包されているスプーンはバイオマスといった環境に配慮された素材を採用。またスタンドパウチを採用しているため、ごみの削減にも貢献可能。

パッケージに描かれたリボンは「親からお子さまへのギフト」を表現。子どもが食べることに興味を持ち、食べる楽しさを発見できるようデザインされている。

パッケージ内側にもかわいいイラストが描かれ、おいしくご飯を食べたあとは、塗り絵をしたり、切り抜いて飾ったりと楽しく遊ぶことも。いつもはなかなかご飯を食べてくれない子どもも、ごはんの時間を待ち遠しく感じてほしいと配慮されている。

No image

子どもの食を応援し、忙しいママやパパをサポートしてくれるごはん&おかずセット。この機会にぜひ、毎日の子どもの食事に取り入れてみては。

問い合わせ先/ビオセボン・ジャポン株式会社

tel. 03-3527-2036

https://www.bio-c-bon.jp/

KIDSNA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加