桶川ストーカー殺人遺族「包括的に被害者守れる法に」

桶川ストーカー殺人遺族「包括的に被害者守れる法に」

  • 産経ニュース
  • 更新日:2020/11/22

ストーカー規制法制定の契機となった埼玉・桶川ストーカー殺人事件(平成11年)で長女の猪野詩織さん=当時(21)=を失った両親は、後を絶たない事件に胸を痛めている。
 父の憲一さん(70)は講演活動を中心に再発防止を訴え続けてきた。17年に重度の胆管がんと宣告を受けたが「被害者の気持ちを代弁しないといけない」と今も活動を続ける。
 ただ、当初は複雑な気持ちだったという。
 事件約半年後の12年5月1

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加