エイバル乾 今季初ゴール逃すもMOM、武藤はシュート0で後半途中に交代

エイバル乾 今季初ゴール逃すもMOM、武藤はシュート0で後半途中に交代

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/18

◇スペイン1部 エイバル0―0オサスナ(2020年10月18日 エイバル)

No image

乾貴士

スペイン1部エイバルのMF乾貴士(32)が今季初ゴールを逃した。

18日、ホームのオサスナ戦に開幕から6試合連続で先発し、左MFで後半25分までプレー。チーム最多3本のシュートを放つなど見せ場をつくり、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。

前半21分に左足でシュート。3分後に得意のドリブルで相手2人をかわして右足でシュートを放ったが、ともにGKに阻まれた。後半8分、ペナルティーエリア外からの右足ミドルシュートはGK正面を突いた。

先月にニューカッスル(イングランド)から加入した同僚のFW武藤嘉紀(28)は3試合連続で先発出場。2トップの一角に入ったが、シュートを打てないまま後半12分に退いた。試合は0―0で引き分けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加