【舞いあがれ!】26日のあらすじ 舞の飛行機部品の試作作り挑戦にかつての仲間・小森が登場

【舞いあがれ!】26日のあらすじ 舞の飛行機部品の試作作り挑戦にかつての仲間・小森が登場

  • ENCOUNT
  • 更新日:2023/01/25
No image

小森富雄(左=吉井基師)に相談する岩倉舞(福原遥)と笠巻久之(古舘寬治)【写真:(C)NHK】

福原遥がヒロイン・岩倉舞を演じる朝ドラ 第80回のあらすじ

俳優の福原遥がヒロイン・岩倉舞を演じるNHKの連続テレビ小説『舞いあがれ!』(月~土曜午前8時)。物語は東大阪や五島列島を舞台に、舞が空への夢に向かって奮闘する姿を描く。

第79回では、航空機産業参入支援セミナーで出会った菱崎重工の荒金(鶴見辰吾)が会社を訪ねてきて、航空機の部品を試作してみないかと提案される展開が描かれた。だが、設備的にIWAKURAでは難しいという現状も。舞はどうするのか。気になる26日放送の第80回のあらすじを紹介する。

舞たちが試作を請け負った飛行機部品は、扱ったことのない硬い金属のため上手く製造できない。そこで最古参の笠巻(古舘寛治)がよその機械を借りようと言う。そこはかつてIWAKURAで働いていた小森(吉井基師)の転職先だった。一方、五島では、信吾(鈴木浩介)が皆を集め、五島に人を集めるアイデアがないか相談する。そこで「釣り教室」というアイデアが持ち上がり、祥子(高畑淳子)が舞に電話をする。

小森は救世主になるのか。IWAKURAが経営危機を脱するために行った人員整理の対象となった人物だけに快く協力してくれるのか不安が残る。舞の飛行機部品の試作挑戦はすんなりとはいかないのだろうか。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加