エンゼルスがノーヒッター達成のデトマーズをマイナーへ 快挙達成のあとスランプ

エンゼルスがノーヒッター達成のデトマーズをマイナーへ 快挙達成のあとスランプ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/06/24

エンゼルスは22日、今季のレイズ戦(5月10日)でノーヒッターを達成していた新人左腕のリード・デトマーズ(22)を3Aソルトレイクシティーに降格させた。

No image

マイナーに降格となったエンゼルスの新人左腕デトマーズ(AP)

ルイビル大出身で2020年のドラフト1巡目(全体10番目)に指名された同投手は今季7試合目となったレイズ戦で108球を投じてノーヒッターを達成し、2勝目をマーク。エンゼルスでは史上最年少で快挙を達成したが、その後の6試合の先発では27イニングで17失点(防御率5・67=0勝2敗)、8被本塁打、13四球と不振に陥っていた。

なおエンゼルスはすでに中継ぎのホセ・スアレス(24)もマイナー送りにしていたが、この日になって肩を痛めたジミー・ハーゲット(28)も10日間の負傷者リストに登録した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加