大谷翔平、エグすぎるカッターに「どこ振ってんねんw」視聴者騒然! 「打者やからな」「何この人...」投手・大谷の躍動に驚嘆の声

大谷翔平、エグすぎるカッターに「どこ振ってんねんw」視聴者騒然! 「打者やからな」「何この人...」投手・大谷の躍動に驚嘆の声

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/06/23
No image

【MLB】エンゼルス-ロイヤルズ(6月22日・日本時間23日/アナハイム)

エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・投手」で先発出場し、8回を投げ2回の3者連続三振を含むメジャー自己最多の13奪三振の快投を披露。そんな中、2回にロイヤルズ6番・サンタナからこの日3つ目となる空振り三振を奪った際に、ボールとバットの落差にファンの注目が集まる場面があった。

【映像】エグすぎるカッターに「どこ振ってんねんw」視聴者騒然

1回に連続安打からランナーを2人背負うピンチを招くも、5番・ドジャーを見逃し三振に仕留め、ピンチを切り抜けた大谷。続く2回のマウンドでは圧巻の3者連続三振を披露したが、先頭打者・サンタナとの勝負が反響を呼んだ。

2ストライク1ボールで迎えた4球目、大谷が投じた88.1マイル(約142キロ)のカットボールはインコースへ小さく、そして鋭く変化。これを強振したサンタナだったが、バットがボールにかすることなく、空振り三振に倒れた。

この三振の場面、現地映像にリプレー映像が流れると、バットがボールにかする気配がないほどの落差。その様子に試合を中継したABEMAの視聴者からは「どこ振ってんねんw」「エグいキレ」と驚きの声。さらに「(大谷は)打者やからな」といった称賛の声まで聞かれた。

その後、大谷は8回を投げ108球で被安打2、13奪三振。今季、再三にわたって“連敗ストッパー”の本領を発揮する素晴らしい投球を見せている。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加