「おちょやん」千代は撮影所の面談に挑む...1月15日のあらすじ

「おちょやん」千代は撮影所の面談に挑む...1月15日のあらすじ

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/01/14
No image

千代は次のステージに… - (C) NHK

連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)の第30回が1月15日に放送される(以下、今後のあらすじに触れています)。

連続テレビ小説の第103作「おちょやん」は、明治の末に大阪の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)が、華やかな芝居の世界で女優の道を駆け上がる姿を描く物語。現在は第6週「楽しい冒険つづけよう!」に突入している。

突然の山村千鳥一座の解散。千代は千鳥(若村麻由美)からの紹介で、再び鶴亀撮影所の門前に足を運ぶ。かつて門中に入ろうとすると抵抗し続けた守衛の守屋(渋谷天外)が素直に門を開けてくれて、鶴亀撮影所に初めて足を踏み入れる。

嬉しさが込み上げるなか、所内を案内する助監督・小暮(若葉竜也)から「女優」と呼ばれて舞い上がる千代。だが、その先に待ち受けていたのは、癖の強い所長と監督による面談で……。(編集部・大内啓輔)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加