新幹線長崎ルート、佐賀の負担軽減検討 与党検討委

新幹線長崎ルート、佐賀の負担軽減検討 与党検討委

  • 西日本新聞
  • 更新日:2020/11/21
No image

九州新幹線西九州(長崎)ルートの未着工区間(佐賀県)を巡り、与党の検討委員会は20日、フル規格で整備した場合の地元の負担軽減策や並行在来線の扱いに関する議論を開始した。負担軽減の試算などを行い、年明けに具体案をまとめたい考え。

与党は、未着工区間についてフル規格での整備を目指しているが、費用負担が多額になるなどとして佐賀県が反発している。負担軽減策などを提案することで、着工が見通せない現状を打破する狙いがある。

整備新幹線の事業費は、JRから受け取る新幹線の施設使用料を除いた残りを、国と地方自治体が2対1の割合で負担する仕組み。山口祥義知事は同日の記者会見で「いろんなことを議論するのはいいことだと思うので、新しい話があればしっかり聞いていきたい」と述べた。

国土交通省はこの日、同ルートの整備を巡る長崎県やJR九州との協議を来週にも開催すると明らかにした。 (鶴加寿子、北島剛)

西日本新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加