「ボローニャの黄金になる」冨安健洋をセリエAの強豪やチェルシーが視察! 上昇する市場価値に伊紙も驚嘆

「ボローニャの黄金になる」冨安健洋をセリエAの強豪やチェルシーが視察! 上昇する市場価値に伊紙も驚嘆

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/02/23
No image

セリエAで声価を高めている冨安には、ヨーロッパのメガクラブからの関心が寄せられているようだ。 (C) Getty Images

現地時間2月20日のセリエA第23節サッスオーロ戦で、ボローニャの冨安健洋は右SBとして先発出場。味方の退場した後は左サイドに回ってチームを支えるなど、ポテンシャルの高さを見せつけた。

最終ラインのあらゆるポジションで安定したプレーを披露する日本代表DFの評価は、右肩上がりを続けている。試合後には、シニシャ・ミハイロビッチ監督が賛辞を寄せ、リッカルド・ビゴンSDが他クラブからの誘いがあったことを明かした。実際、プレミアリーグやブンデスリーガの関係者が、冨安のプレーをチェックしているようだ。

イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は22日、新型コロナウイルスのパンデミックによるロックダウンの前から、エバートンやチェルシーの関係者が冨安を視察していたと報じた。サッスオーロ戦ではレバークーゼンのスカウトが視察していたという。レバークーゼンはボローニャのガンビア代表FWムサ・バロウへの関心も噂されているクラブだ。

国内でも、昨夏にミランが獲得に動き、ローマの関心も伝えられていたのが、記憶に新しい。直近ではあまり噂になっていないが、『Gazzetta dello Sport』は、改めて冨安獲得を考える可能性があると報じている。

【動画】驚愕の60万回再生超え!冨安健洋が披露した華麗なテクニックはこちら守備の国イタリアに挑戦して2年と経たない冨安だが、『Gazzetta dello Sport』は、獲得時と比べて4倍にあたる2500万ユーロ(約31億3000万円)前後まで市場価値が上がったとの見解を示し、「トミヤスはボローニャの黄金になりつつある」と賛辞を寄せた。

セリエAで唯一となる全試合フル出場を続け、守備のあらゆる位置をこなすユーティリティー性が高く評価される22歳とあれば、次のマーケットで人気銘柄となることは間違いない。

それゆえに同紙は、「トミヤス慰留は大変だろう」としたうえで、「ボローニャは始めから負け試合とは考えていない」と報じたが、夏の去就が大きな話題となることは確実だ。ビゴンSDが「上のカテゴリーの選手」と評した冨安は、今夏にどのような決断を下すだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加