INAC神戸FW京川舞が女子ブンデスのポツダム完全移籍

INAC神戸FW京川舞が女子ブンデスのポツダム完全移籍

  • サカノワ
  • 更新日:2022/06/23
No image

INACの京川舞。(C)Noriko HAYAKUSA/写真:早草紀子

神戸ひと筋10シーズンプレー――。日本での通算102ゴール。

WEリーグのINAC神戸レオネッサは6月22日、日本女子代表(なでしこジャパン)にも選出された経験を持つFW京川舞がドイツ女子ブンデスリーガ(Frauen-Bundesliga)の1.FFCトゥルビネ・ポツダムへ完全移籍することが決定したと発表した。

京川は1993年12月28日生まれ、茨城県出身、28歳。常盤木学園高校から2012年にINACへ加入。神戸ひと筋、10シーズンにわたり戦ってきた。WEリーグ元年となった2021-22シーズンはリーグ4試合・0得点。これまでの公式戦通算は215試合・102ゴール。日本女子代表5試合・0得点。

【注目記事】
レアル・ソシエダが久保建英の獲得を希望、条件は…「三度目の正直なるか」

モンペリエが浦和DF酒井宏樹の獲得検討「フランスでいまだ高い評価」

誤審ツイート、楽天の株価論争に発展。ヴィッセル神戸の三木谷会長が反論「信じる信じないは株主の皆さんの裁量だ」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加