「板倉は最も信頼できる存在」海外記者がドイツ戦に出場した森保ジャパン全16選手を独自採点!「遠藤はこの日も遠藤だった」【W杯】

「板倉は最も信頼できる存在」海外記者がドイツ戦に出場した森保ジャパン全16選手を独自採点!「遠藤はこの日も遠藤だった」【W杯】

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2022/11/25
No image

チームを勢いづかせる同点弾の堂安。さすがの勝負強さを見せた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

No image

ドイツ戦に臨んだ先発メンバー。権田(12番)はPK献上&1失点も、後半の活躍ぶりは高く評価したい。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

現地時間11月23日、日本代表はカタール・ワールドカップ初戦でドイツ代表と対戦。前半にPKで先制を許すも、後半に堂安律と浅野拓磨のゴールで見事な逆転勝利を飾った。

W杯優勝経験国に大金星。オーストラリア・アデレード出身で、現在サッカーダイジェスト海外編集部員のスティーブン・トムソン記者が、ドイツ戦に出場した森保ジャパン全16選手を採点した。

――◆――◆――

【個人採点・寸評】
GK
12 権田修一 7
素晴らしい贖罪の物語。判断ミス、ラウムへのタックルでPKを与えてしまって、失点。しかし、後半は何度もピンチを救うビッグセーブを連発。これが勝利のターニングポイントになった。

DF
5 長友佑都 5.5(57分 OUT)
持ち前のハードワークを随所に発揮。ただ、前田への好クロスを除いて、試合に大きな影響を与えられなかった。アグレッシブに戦っていたが、野心的になりすぎて自分の持ち場を離れることもあった。

DF
4 板倉滉 6.5
守備面で最も信頼できる存在だった。ムシアラのドリブルには苦戦していたが、ピンチ回避のプレーは多かった。前線への良質なパス出しでも貢献。精緻なロングパスで浅野の逆転弾をお膳立てした。

DF
22 吉田麻也 6.5
タックルや空中戦で強さを見せた。板倉と同様に頼もしく、ドイツの猛攻撃に冷静に対処した。たとえミスがあっても、素早く、的確にリカバーした。
DF
19 酒井宏樹 6(75分 OUT)
前半は、スペースを与えて、そこを突かれて劣勢を強いられた。それでも、時間の経過とともに守備のパフォーマンスは向上。自信を持って前に進み、ノイアーが弾いたこぼれ球に反応して、惜しいシュートもあった。途中交代したが、足の状態が懸念される。

MF
17 田中 碧 6(71分 OUT)
エネルギッシュなプレーは相変わらず。攻撃面は物足りなかったが、相手の中盤にプレッシャーをかけ続けた。その頑張りは疑いなかったが、プレスをかわされ、苦しい状態にさせられることもあった。

MF
6 遠藤 航 6.5
際立つプレッシング、タックル、ブロック。ポゼッションでも機能していたし、遠藤はこの日も遠藤だった。後半の3バック変更後も、最終ラインを力強く支える役割を全う。迫力を増そうとするドイツの攻撃をシャットアウトした。

MF
11 久保建英 5.5(HT OUT)
閃きと才能を持って、オフ・ザ・ボールでもチャンスをうかがっていた。ただ、フィジカルの勝負で難しい戦いを強いられ、目立った働きを示せず、前半だけでベンチに退いた。

【W杯PHOTO】堂安だ! 浅野だ! 日本代表が大金星を挙げた大国ドイツとの歴史的一戦を厳選フォトでお届け!
MF
15 鎌田大地 5.5
本来の実力を考えれば、今ひとつといった出来か。中盤のボール奪取から攻撃につなげるプレーは良かった。ただ、決定的な仕事には絡めなかった。

MF
14 伊東純也 6
対峙する相手をかわすのに苦労したが、それでも果敢に走り抜こうとした。攻撃面で多くのプレーに関与し、相手にとっては危険な存在だったはずだ。

FW
25 前田大然 5.5(57分 OUT)
序盤に鋭い抜け出しからネットを揺らしたが、これは惜しくもオフサイドの判定。攻守両面で精力的な働きぶり。ただ、ゴールに迫るシーンは限られていた。

▼交代出場
DF
16 冨安健洋 6(HT IN)
後半のシステムチェンジに伴い、3バックの一角を務める。負傷明けだったが、期待に応えるパフォーマンスで、相手の圧力にも屈しなかった。
MF
9 三笘 薫 6.5(57分 IN)
ゲームチェンジャーとしての仕事をこなす。左サイドで躍動し、彼のパスから最終的には堂安の同点ゴールが生まれた。ディフェンス面のタスクでも手を抜かなかった。

MAN OF THE MATCH
FW
18 浅野拓磨 7.5(57分 IN)
相手のビルドアップをけん制しつつ、パスを呼び込む動きと、そこから好機につなげる意志を貫く。そして、板倉のロングパスを絶妙なタッチでコントロールし、そのまま突き進んで、相手GKのニアを抜くフィニッシュ。すべてがワールドクラスだった。

MF
8 堂安 律 6.5(71分 IN)
完璧なポジショニングと正確な左足シュートで、チームを勢いづかせる同点ゴールをゲット。さすがの勝負強さを見せた。

MF
10 南野拓実 6(75分 IN)
チームメイトと連動して、攻撃を活性化。三笘のパスに抜け出してからの左足シュートはノイアーに阻まれたが、そのこぼれ球を堂安が詰める。機敏なアクションで同点弾を演出した。

採点・文●スティーブン・トムソン

[プロフィール]
スティーブン・トムソン/1993年生まれ、オーストラリア・アデレード出身。アデレード大学を卒業後に来日し、上智大学で日本語を学ぶ。日本のスポーツと文化に精通し、今春からサッカーダイジェスト海外編集部員に。好きなサッカークラブはアデレード・ユナイテッド、リバプール、そしてガンバ大阪。

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!

【W杯PHOTO】試合前後の緊迫した選手入場口…試合では見れない日本代表の表情を厳選!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加