2試合ベンチ入り停止のクーマン 処分へ遺憾 「大げさな制裁」

2試合ベンチ入り停止のクーマン 処分へ遺憾 「大げさな制裁」

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2021/05/02
No image

レッドカードを提示されたクーマン

1日(土)、FCバルセロナの監督ロナルド・クーマンは、ラ・リーガ第34節バレンシア戦に向けた記者会見に出席し、同一戦への意気込みや前節グラナダ戦の敗因、リーガ優勝争いの内容を語ると共に、前節の退席処分について触れた。

この退席によって、2試合のベンチ入り停止処分を受けたクーマンは「大げさな」処分であると考えていることを明らかにした。

「私たちは意義を申し立てるよ。“なんて態度だ”と言えば、2試合分のベンチ入り停止処分があるなんて、とても大げさな制裁だし、納得していない。もし、本当に侮辱しているならば、20(試合)は処分を与えると思う。

また、同監督は他のスタッフとバレンシア戦でどのようにコミュニケーションをとるか、まだ確立していないことを説明。
「何が可能で何が不可能なのか、カルロス・ナヴァル(代表)と話し合ってみる。まだわからない。接触が可能であれば、最善の方法を探すよ」

このように、ベンチ入りができないクーマンだが、同時にドレッシングルームでのベテラン選手を信頼していることを強調している。
「チームには経験豊富な人たちがいて、彼らが助けてくれる。彼らはプレッシャーを知っていて、若い選手たちに助け舟を出してくれる」

なお、バレンシアの本拠地メスタージャで行われる同一戦は日本時間3日の4:00~キックオフを迎える予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加