J1全20クラブGKタイプ別分析(14)湘南ベルマーレ。谷晃生は何タイプ? J1に太刀打ちできない...能力、キャパ的にも

J1全20クラブGKタイプ別分析(14)湘南ベルマーレ。谷晃生は何タイプ? J1に太刀打ちできない...能力、キャパ的にも

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/04/08
No image

【写真:Getty Images】

「勝たせられない」GK陣

GKコーチ:齋藤誠一
谷晃生(現)
富居大樹(シ)
堀田大暉
立川小太郎★

昨シーズンの出場数は現代タイプの谷晃生が25試合、シュートストップタイプの富居大樹が6試合、後藤雅明(金沢)が3試合と3人が出場しています。競り合った試合が多く、GKで勝てなかった試合、負けた試合が多く見受けられました。サッカーにはGKが「勝たせる」試合がある中で、2人は「勝たせられなかった」わけです。

谷はまだ若く、年間を通してJ1の試合にこれだけ出場したのは初めてでした。今年はその経験を活かして年間を通じて良い仕事ができるかが問われるシーズンになります。残留に向けて言葉はきつくなりますが、この4人のGK陣ではJ1には太刀打ちできないと思っています。

それは能力、プレーのキャパシティ的にも難しい。フィールドプレーヤーが頑張っても最後の砦、ゴールの門番になり切れないからです。谷、富居ともにスマートで力強さがありません。タフなゲームが続いてくると、チームは苦しくなると予想しています。

吉沢康一

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加