堂安律「最後の質も上げないと」苦しみながらの南アフリカ戦勝利に課題

堂安律「最後の質も上げないと」苦しみながらの南アフリカ戦勝利に課題

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22
No image

日本対南アフリカ 前半、相手にマークされながら、ドリブルで攻め込む堂安(撮影・江口和貴)

<東京オリンピック(五輪):サッカー・日本1-0南アフリカ>◇22日◇男子1次リーグ◇東京スタジアム

日本はMF久保建英(20=レアル・マドリード)の得点で、南アフリカとの初戦を白星で飾った。

自身で得点は決められなかったが、この日もいい動きで攻撃を活性化したMF堂安律(23=PSV)は「結果が全てなので、しっかり勝ったことが大きい。泥くさくても勝ち点3を取れた」と、苦しみながらつかんだ勝利に胸を張った。

前半から南アフリカは守備ブロックを敷き、日本がボールを保持して攻める展開が続いた。堂安は「驚きはなかったが、もっと最後のクオリティーを上げていかないといけない」。攻め続けた前半、得点できなかったことを悔やんだ。

課題は「縦パスを入れてからの動き」だという。「最後の質も上げないと。ただ、これから(最終ラインを)下げてくる相手は少ないかも。前から来てくれる方がやりやすい」。次戦は25日で、この日フランスを破ったメキシコとの対戦となるが「どの相手も強い。自分たちのリズムでサッカーできるように準備したい」と切り替えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加