開幕前にケガ人だらけのリバプール、クロップ監督は補強での穴埋めを否定「計画はその方向には進んでいない」

開幕前にケガ人だらけのリバプール、クロップ監督は補強での穴埋めを否定「計画はその方向には進んでいない」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/08/05
No image

開幕を前にしてケガ人が多いリバプール。ユルゲン・クロップ監督は、チームの方針について改めて言及した。クラブ公式サイトが伝えた。

【動画】【南野拓実も!】2冠リバプールが祝勝セレモニー

5日にクリスタル・パレスvsアーセナルの試合で開幕を迎える、2022-23シーズンのプレミアリーグ。ワールドカップイヤーのシーズンがスタートする。

リバプールは6日にフルアムとの開幕ゲームを控えている中、チームにはケガ人が多数いる状況。現時点で、MFカーティス・ジョーンズ、DFコンスタンティノス・ツィミカス、DFイブラヒマ・コナテが負傷により開幕戦を欠場することが確定。またMFナビ・ケイタが病気のために不透明な状況だ。

さらに、GKクィービーン・ケレハー、FWジオゴ・ジョタも欠場が確定している状況。多くの選手が欠場する可能性が出ている。

そんな中、試合に向けた記者会見で、チームのフィットネス状況を踏まえて、選手を補強するかどうかを尋ねられたクロップ監督は、その可能性は現時点ではないと否定。ケガ人がいることは事実としながらも、1年間の補強で1カ月程度の離脱を補うことはしないとした。

「ケガ人が多すぎるのは事実だ。ただ、現時点ではなにも変わりはない。不運な状況がたくさんあった。クィービーン(・ケレハー)もそう、ジオゴ(・ジョタ)もそうだ」

「1人は負傷し、もう1人は再び負傷した。100%クリアな状態ではなかった」

「私が言うことが全てネタにされていた。批判はないが、こう言うことだ。彼らは2人とも代表チームに参加していたんだ」

「診断を受ける、診断を信頼する。それは正常なことだ。しかし、完璧なプロセスにいつもいるわけではない。代表チームが引き継ぐのは瞬間的であり、我々はできるだけ早く介入するようにしている。

「ジオゴは明らかに早すぎた。そもそもケガを見誤っていた。彼はすでに元気だり、数週間以内に戻ってくる」

「こういったことは賢いとは言えないが、4週間の問題を1年分の移籍で解決することはできないし、少なくとも現時点での我々にとっては意味がないことだ」

「しかし、移籍市場はまだ開いているし、いずれわかることだろう。ただ、計画はその方向には進んでいない」

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加