阪神・佐藤輝、三塁もイケてる!お見事逆シングル、スローイングも完璧

阪神・佐藤輝、三塁もイケてる!お見事逆シングル、スローイングも完璧

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/02/21

三塁守備もエエやん! 阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=が20日、中日との練習試合(北谷)に「3番・三塁」で出場。計6度の守備機会を華麗にこなした。自慢の打撃では一回に先制打を放ち、実戦6試合連続安打と絶好調。開幕スタメンへ、また一歩前進だ。

187センチ、94キロの巨体が三塁にどっしり構える。慣れ親しんだポジションで、佐藤輝が白球をさばいた。この男、打つだけではない。快晴の北谷で、華麗なフィールディングを披露した。

「難しい打球もあったので、しっかり準備していきたいと思います」

近大時代に本職だった三塁を3試合連続で任された。この試合まで守備機会はたった1度だけだったが、この日は白球が黄金ルーキーのグラブに何度も吸い込まれた。

二回、三塁線を襲った大野奨の打球を逆シングルで捕球して一塁へ。記念すべき“初アウト”を奪うと、五回は三遊間の当たりを軽快な動きでさばいた。六、七回はいずれも難しいバウンドを逆シングルで止めると、素早く送球。「三塁線の打球とかも逆シングルで捕ったほうが次も投げやすい」。ノーバウンドで一塁手のミットに届けた。

矢野監督は「反応自体はよかったし、しっかりアウトにした。けど、守備はまだまだ」と辛口。テレビ解説のため球場を訪れた川相臨時コーチは「柔軟に対応している。しっかりとした練習をもっとやっていけば、もっとよくなると思う」と潜在能力を高く評価した。

三塁は現在、腰背部の張りで別メニュー調整中の大山の定位置。回復すれば、佐藤輝は外野に戻ることになる。それでも長いシーズン、何が起こるかわからない。万が一のときでも三塁を任せられる守備力は証明した。チーム全体を考えても「三塁・佐藤輝」が頼もしいのは、心強い。

打撃も順調だ。一回1死二塁で迎えた第1打席では、左腕・松葉の直球をはじき返し、先制の中前打を放った。その後の3打席は凡退も、これで実戦6試合連続安打。目標の開幕スタメンに向け、また一歩前進した。

「(プロは)強い打球が多くなるので、しっかりと準備していきたいと思います」

打って、守れる規格外のルーキーが、また一つ、予想を超えた実力を見せつけた。(原田遼太郎)

★新旧背番号「8」が初対面

虎の新旧背番号「8」が初対面。試合前にアップを終えた佐藤輝はメイングラウンドに入ると、小走りで中日・福留のもとを訪れた。「ほんの少しですけど、あいさつできてよかった。打席の中でもすごく雰囲気がある方でした」。一塁ベンチで熱視線を送る43歳の前で、試合前のフリー打撃を行い、27スイングで柵越え3本。福留は「ルーキーで、あれだけバットを振れるというのは魅力があると思う」。大先輩を豪快なフルスイングでうならせた。

No image

佐藤輝は六回、痛烈な打球を逆シングルでキャッチ。送球もドンピシャだった(撮影・水島啓輔)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加