【MLB】秋山翔吾、決勝タイムリーで今季初5連勝 PO滑り込みへ9月は打率.333と好調

【MLB】秋山翔吾、決勝タイムリーで今季初5連勝 PO滑り込みへ9月は打率.333と好調

  • フルカウント
  • 更新日:2020/09/17
No image

5回に安打を放ったレッズ・秋山翔吾【写真:AP】

秋山は3戦連続安打&2戦ぶり打点、チームは1-0で完封勝ちした

■レッズ 1-0 パイレーツ(日本時間17日・シンシナティ)

レッズの秋山翔吾外野手は16日(日本時間17日)、本拠地のパイレーツ戦で「1番・左翼」で先発出場し、5回の第3打席で先制タイムリーを放った。3打数1安打1打点1四球で打率.239。チームは秋山の適時打で挙げた1点を守り、1-0で完封勝ち。今季最長の5連勝となった。

両軍無得点の5回2死二、三塁。ブルベイカーのフォーシームをライナーで左前へ打ち返した。三塁走者・ガルシアを本塁に迎え入れるタイムリーとなった。二塁走者・カサリが三本間で挟まれてアウトとなったが、貴重な先制打となった。

3試合連続安打で2試合ぶり打点。初回の第1打席は左飛に倒れたが、3回の第2打席は四球で出塁。8回は見逃し三振だった。試合前まで9月は42打数14安打の打率.333。ポストシーズン争いをするチームの大きな戦力となっている。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加