京急 定期券利用者は観光クルーズ半額に 葉山~江ノ島の周遊が1650円

京急 定期券利用者は観光クルーズ半額に 葉山~江ノ島の周遊が1650円

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2022/01/15

3月末まで実施

No image

葉山マリーナを発着するクルーズ船(画像:京急)。

京浜急行電鉄は2022年1月13日(木)、京急グループの電車・バスの定期券の利用客を対象に、葉山マリーナを発着し江ノ島・裕次郎灯台までを周遊するクルーズ船の乗船料を、通常料金の半額にするキャンペーンを行うと発表しました。

キャンペーン期間は1月15日(土)から3月31日(木)まで。乗船料金は通常3300円のところ、半額の1650円となります(こども半額)。

このクルーズは、「裕次郎灯台」の愛称を持つ葉山灯台や、森戸神社の鳥居が立つ名島、湘南を象徴する江ノ島などを海上から眺め、45分で湘南の沿岸を周遊するものです。船舶は乗客定員40名の「ベイクルーズ葉山II」で、11時と13時半、15時の3便が運航されます(3/15までの平日は15時は運航なし)。

京急はこの取り組みについて「長引くコロナ禍により生活スタイルが変わりつつある中で、現在も継続して鉄道・バスの定期券をご利用いただいているお客さまへの感謝」としています。

乗りものニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加