小平&高木美のダブル表彰台は女子スケート界初の快挙 小平「もう一段高いところで」

小平&高木美のダブル表彰台は女子スケート界初の快挙 小平「もう一段高いところで」

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/15
No image

表彰台で記念写真に納まる(左から)小平、テルモルス、高木美

「平昌五輪・スピードスケート女子1000メートル」(14日、江陵オーバル)

小平奈緒(31)=相沢病院=が銀メダル、高木美帆(23)=日体大助手=が銅メダルを獲得し、日本スケート女子では史上初となるダブルで表彰台に上った。スピードスケートでダブル表彰台は、2大会ぶり3度目。

金メダルを獲得したヨリン・テルモルス(オランダ)を挟んで小平、高木美が表彰台に上がった。小平は「もう一段、高いところで2人並べたら最高だったんですけど」と期待された金、銀でのダブル表彰台は逃したが、女子では史上初の快挙だ。

また高木美は1500メートルの銀メダルに続く銅メダル獲得。スピードスケートの日本選手による同一大会複数メダル獲得は、1998年長野五輪の男子500メートルで金メダル、1000メートルで銅メダルを獲得した清水宏保以来2人目。女子では史上初だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
カーリング女子 勝負を決めた藤沢五月の「悪女の誘惑」
辺見えみり&松田賢二、離婚を発表
150万円以下からのキャンピングカー生活!格安で始められる「軽キャンパー」6選
「時代は終わった」「ほんと性格悪い」人気者の座から転落した、“嫌われ”芸能人3組
東京マラソン、キリストの人出場不能になっていた衝撃の理由は・・・
  • このエントリーをはてなブックマークに追加