春日部共栄vs狭山ヶ丘

春日部共栄vs狭山ヶ丘

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2017/09/24

Bシード・春日部共栄が1点差を逃げ切り初戦突破

No image

2番手で登板した村田(春日部共栄)

本日の県営大宮球場の3試合は初戦でありながらどのカードもすべてシード校vs中堅強豪校という組み合わせであり、1試合目のAシード・花咲徳栄同様、Bシード・春日部共栄もこの試合簡単にはいかなかった。

先発は狭山ヶ丘が背番号11の村田龍星(2年)、春日部共栄は浦和学院戦での好投が記憶に新しい変則左腕の大木喬也(2年)で試合が始まる。入学当初から大型左腕と期待されていた渡部 太陽(2年)はというと、打力を買われ現状では4番・ファーストに座る。

先制したのは春日部共栄であった。初回、狭山ヶ丘・村田の立ち上がりを攻めたて、一死から2番・中野が四球を選び出塁すると、二死後4番・渡部の所で一走・中野が二盗を決める。結局渡部も歩き二死一、二塁とすると、続く高橋がセンター前タイムリー放ち幸先良く1点を先制する。さらに、6番・伴野司(2年)もセカンドへの内野安打を放ち二死満塁と追加点のチャンスを広げるが、後続が倒れ1点でこの回の攻撃を終える。

対する狭山ヶ丘もその裏、一死から2番・鈴木(義)が死球で出塁すると、続く野村大貴(2年)がきっちりと送り二死二塁とする。ここで4番・長谷川の所で狭山ヶ丘ベンチはエンドランを仕掛けると、これが見事に決まりセンター前へのタイムリーとなり、すぐに1対1の同点とする。さらに、一走・長谷川が二盗を決めると、続く小林(澄)もレフト前へポトリと落ちるヒットを放つが、ここはレフト田山の好返球により、二走・長谷川は本塁憤死し1点で攻撃を終える。

2回以降は両投手凌ぎ合いとなる。

狭山ヶ丘・村田は、4回表、この回先頭の高橋にレフト前ヒットを浴びるが、続く伴野の所でのエンドランが併殺となる。再度7番・今井にヒットを浴び、続く塩野に死球を与え二死一、二塁とピンチを招くが後続を抑え無失点で切り抜ける。5回表も一死から中野のヒットを浴びると続く田山も歩かせ一死一、二塁で4,5番を迎えたが、ここも村田が踏ん張り無失点で切り抜ける。

一方の春日部共栄・大木も2回以降ピリッとしない。毎回のように先頭打者にヒットを浴び、スコアリングポジションに走者を背負う苦しい投球であった。5回裏にはこの回先頭の松澤慶人(2年)、3番・野村にヒットを浴びるなど、一死一、三塁で4番・長谷川というピンチを迎えた。だが、長谷川をセカンドゴロ併殺に打ち取るなど要所を抑え無失点で切り抜ける。

両チームなかなか次の1点が奪えない中、6回表、春日部共栄が試合を動かしにかかる。この回先頭の伴野がライト前ヒットを放ち出塁すると、続く今井がきっちりと送り一死二塁とする。二死後、春日部共栄ベンチは大木を諦め、代打に上山を送る。上山は期待に応えセンター前へタイムリーを放つと、さらにこの打球をセンター松澤が後逸してしまう。上山は一気に本塁を狙うがここは相手の好中継に遭い本塁憤死する。だが、春日部共栄は今回1点を勝ち越す。

6回裏からはエース内藤 竜也(2年)が登板かと思われたが、二番手に右腕の村田がマウンドへ上がる。好調なのであろう。村田は直球の角度と制球力が武器の投手だが、この日は内外角へきっちりと放りそれまで活発であった狭山ヶ丘打線を6回以降パーフェクトに抑える好投を見せる。結局2対1のまま春日部共栄が逃げ切り辛くも初戦を突破した。

まず狭山ヶ丘だが、村田は沈み込むようなフォームから伸びのある直球を投げ、春日部共栄打線を2点に抑えるなど良く投げたが、打線はあと1点が遠かった。好機であと一本が出ていたら裏攻めであるだけに終盤有利な展開に持ち込めただけに無念であろう。2回以降、無死一塁から判で押したようにきっちりと送ったが、得点圏に走者を置くと大木のギアが上がった。

結果ロースコアになる展開に自分達でしてしまったが、できればどこかでエンドランなど足を絡めて仕掛けたかった所であろう。いずれにせよ、春日部共栄が相手でもきっちりと投げ込める村田という投手の柱ができたことは今後へ向けて好材料であろう。一冬越えて打線に更なる力強さが出てくると、今後面白い存在になりそうだ。

一方の春日部共栄だが、内藤、大木の左右両輪に村田と投手陣は揃っている。今後ここに現在は打撃に専念している渡部に目途が立つようだとバラエティに富んだ埼玉屈指の投手陣が出来上がる。守備もこの日無失策とこの時期にしては完成度が高い。問題はむしろ攻撃陣であろうか。

この日、無死一塁から唯一仕掛けた4回表のエンドランの場面で伴野はライナーを打ってしまい併殺に倒れ、次打者にヒットが産まれるなどチグハグになってしまった。これではその後の同じ場面できっちりと送りたくなるのもわかる。こういうエンドランの精度などが今後上がってくると、もっと楽な試合運びができるようになるはずだ。2戦目以降は攻撃面の精度に注視したい。

(文・写真=南 英博)

注目記事

2017年秋季大会 特設ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
暴走続きの張本勲と関口宏を一喝した金田正一に「よくぞ言った」と称賛の声
カープ投手陣に恵みの雨 22日も中止なら...中4日で3本柱再び登板!
ソフトバンク中村晃のV弾が女性頭部直撃 病院搬送
【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ編 「黄金時代へ 需要に合ったドラフト戦略を」
ソフトバンク・千賀滉大「ゼニの取れるフォーク」が生まれるまで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加