バルサ指揮官、退団示唆マスケラーノに言及「今も頼りにしている」

バルサ指揮官、退団示唆マスケラーノに言及「今も頼りにしている」

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/12/05
No image

スペイン1部リーグ、FCバルセロナのハビエル・マスケラーノ(2017年4月18日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】スペイン1部リーグ、FCバルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は4日、出場機会の減少を理由に来年1月での退団を示唆したハビエル・マスケラーノについて「今も彼を頼りにしている」と語った。

バルセロナは現在、2日のセルタ戦でサムエル・ウムティティがハムストリングを負傷し、2か月の離脱が決まっただけでなく、同選手からジェラール・ピケの相棒としてのポジションを奪われたマスケラーノ自身もハムストリングのけがで戦線離脱中とCBの故障者が相次いでいる。

バルベルデ監督は、欧州チャンピオンズリーグのスポルティング・リスボン戦を5日に控えた会見で、「マスケラーノはうちの選手であり、われわれは今も彼を頼りにしている。彼ができるだけ早く回復することを願っているし、大いに信頼している」と述べた。

マスケラーノは前週、今季の出場時間が少ないことを理由に8年間を過ごしたバルセロナを退団する可能性をほのめかしており、ESPNデポルテスに対して「こうした長い期間を経て、自分がこのクラブの将来において、もっと多くの試合に出られる余地がないことは明らかだ」と語っていた。

「悲観して話しているわけではなく、その逆だ。自分はこのクラブで最高に素晴らしいキャリアを過ごしている。自分は引き際をわきまえるタイプの人間なんだ」

しかしながら、ウムティティの離脱によって、マスケラーノは今月23日のレアル・マドリード戦で先発メンバー入りが予想されているだけでなく、バルベルデ監督は来年1月にセンターバックを補強する可能性についても再考している様子で、「考え直す時間はある。サム(ウムティティ)のけがは長引くが、1月には戻ってくるだろう。故障者が出ると戦略を変更することになるが、現時点では今の戦力で満足している」と述べた。

バルセロナは欧州チャンピオンズリーグでグループDの首位通過をすでに決めており、本拠地カンプ・ノウでのスポルティング・リスボン戦では、メンバーを大幅に入れ替えるとみられる。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“重要な一戦”でアジア王者の意地を見せる...浦和GK西川「チームを助けたい」
先制弾スアレス 試合振り返る
香川ら日本人3選手が参戦...EL決勝T1回戦の組み合わせが決まる
レアル 総力戦でCWCに挑む
長友、3番手降格危機も辛辣な伊メディアが高評価 「一番最高のプレーを見せていた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加