オリックス東明、減額制限いっぱい850万円減「1年間何もしていないので」

オリックス東明、減額制限いっぱい850万円減「1年間何もしていないので」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/06
No image

契約更改交渉を終えて会見するオリックス・東明

オリックスの東明大貴投手(28)が6日、大阪市内の球団施設で契約更改交渉を行い、減額制限(年俸1億円以下は25%)いっぱいとなる850万減の2550万円でサインした。

4年目の今季は3試合で0勝0敗、防御率4・15。8月には昨年11月に続いて右肘の手術を受けた。「1年間、何もしていないので…。(球団に)何も言うことはないし、分かりきっていたことなので」と減俸を受け入れた。

手術を受けた右肘の経過は順調。2年目の2015年に10勝を挙げた実績を持つ右腕は「大前提は投げないとダメ。1年間、ケガなく1軍で投げ続けたい。来春までにしっかり準備したい」と巻き返しを誓った。

吉田一将投手(28)が500万減の3000万円、駿太外野手(24)が400万増の2900万円、山崎勝己捕手(35)が現状維持の1160万円でサインした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリD2「K-鈴木」初披露!「K」だけに最多奪三振狙う
阪神ドラ1馬場 甲子園ヤジ歓迎 鋼のメンタルで虎党“名物”力に
ソフトB東浜 ここで差をつける 年末までハワイ居残り
オリックス・ドラ2登録名は「K-鈴木」 目標は奪三振王!
大谷獲得のエンゼルスが「勝ち組1位」!米名物記者が格付け発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加