史上最大にドデカイ!新型iPhoneで何ができる? 3つのおススメポイント

史上最大にドデカイ!新型iPhoneで何ができる? 3つのおススメポイント

  • 文春オンライン
  • 更新日:2018/10/12

Appleから新しく登場した「iPhone Xs Max」は、iPhone史上、もっとも画面サイズの大きいモデルです。従来のiPhone 8 Plusと同等のボディサイズでありながら、上下左右の縁がほとんどない、いわゆるベゼルレスデザインの採用で、画面サイズは5.5型から6.5型へと拡大しており、情報量の多さは圧倒的です。

【写真】もう試した? 定規なしで距離が測れる「計測アプリ」

保証サービスをつけると価格は15万円を超える場合もあるなど、スマホとしてはとびきり高額ですが、日本国内では同時発売の5.8型モデル「iPhone Xs」が量販店で潤沢な在庫がある中、この「iPhone Xs Max」はしばらく品切れ状態が続いたことからも、人気のほどがうかがえます。

新型のXs、Xs Maxでしか使えない機能も

この「iPhone Xs Max」に搭載されている新しいOS「iOS 12」は、従来のiPhoneの多くの機種でもアップデートすれば利用できますが、従来のiPhoneではすべての機能が使えるわけではなく、新しい「iPhone Xs Max」および同時発売の「iPhone Xs」でしか使えない機能も多くあります。今回は「iPhone Xs Max」を購入したらぜひ使ってみたい、iOS 12の新機能・アプリを3つ紹介します。

No image

iPhone Xs Max。文字やアイコンを拡大表示することも可能なので、老眼気味の人にも向いています

(1)“撮影後に”背景をぼかせる「ポートレートモード」

ひとつは、カメラ機能で追加された「ポートレートモード」です。これはiPhone Xs Maxのデュアルカメラを使い、被写体をその奥行き(深度マップ)とともに記録し、撮影後に背景をぼかすなどの加工が可能になるというものです。

美しいポートレート風の写真を手軽に作成することができるこの機能は、デュアルレンズでない従来のiPhoneにiOS 12を導入しても、残念ながら利用できません。「iPhone Xs Max」もしくは同時発売の「iPhone Xs」のみで使える機能です。

使い方は簡単で、撮影モードを「ポートレート」に設定して普段通り撮影を行った後、編集画面を開くと、画面の下にf値を変更できるスライダーが表示されますので、プレビューを見ながらそれを操作するだけです。これにより、写真の背後を自由自在にぼかすことができます。

撮影時ではなく、撮影後に自由に変更できる点がまさに革命的なこの機能、記録された奥行きの情報をもとに加工が行われるため、画像処理ソフトを使って平面の写真を加工した時のような作り物感がないことが特徴です。草木や花などの静物や、人物を撮影する場合にぜひ使ってみたい機能といえます。

(2)いろいろ測りたくなる、定規いらずの「計測」アプリ

AR(拡張現実)機能を利用した「計測」なるアプリも、一度は試してみたいiOS 12ならではの機能です。これはカメラを用いて、さまざまな被写体のサイズなど、二点間の距離を画面上で測定できるというものです。「iPhone Xs Max」や「iPhone Xs」専用というわけではなく、iOS 12にアップデートしたiPhone 6s以降のほとんどの機種で動作します。

使い方としては「計測」アプリを起動したのち、表示される目印を被写体に合わせ、タップして始点と終点を設定するだけです。距離はリアルタイムで画面上に表示されますので、写真をわざわざ撮影する必要もありません。計測した距離はワンタップでクリップボードへとコピーできます。

現時点ではセンチ単位で正確に計測できるほどの精度はなく、測り直すたびに微妙に数値が変わるなど、まだまだ発展途上の感はありますが(特に建物など何メートルもあるサイズは苦手なようです)、定規やメジャーを直接あてることなく、離れたところから長さや距離が測れてしまうのは画期的で、身の回りのあらゆるものの寸法を測ってみたくなります。

(3)片手で使いやすい「Chrome」アプリ

最後に紹介するのはブラウザアプリです。iPhoneのブラウザと言えば、標準ブラウザの「Safari」を使っている人がほとんどでしょうが、いちど使ってみてほしいのがGoogle製のブラウザ「Chrome」です。

iPhone Xs Maxは、画面が縦方向に伸びたことから、画面上方まで指が届きにくくなっています。画面全体を一時的に下にスライドさせて指が届きやすくする「簡易アクセス」なる機能もありますが、操作のたびに画面をスライドさせるとなると面倒です。

今回の新iPhoneの登場に先駆けてリニューアルされた「Chrome」は、こうした指が届かない問題を解決すべく、これまで画面の上下に分散していたボタン類を、画面の下部に集約しています。これならば、検索やタブの切り替え、ページの戻る・進む、メニュー表示などほとんどの操作を、iPhoneを握り変えずに行えるというわけです。

画面の縦長化はiPhone以外にAndroidでも同様の傾向があり、今後さまざまなアプリが同様のリニューアルを行ってくる可能性がありますが、このChromeを試すと、その方向性が正しいことを実感します。Chromeは他にも、ブックマークなどの設定をPCと自動同期する機能もあるなど便利なだけに、まだ使ったことがない人は、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

(山口 真弘)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iPhone XS/XS Max/XRのおすすめカラーは?長く使うか売却前提かで変わる色選びのポイント
iPhone XSの電源をオフ(シャットダウン)する方法
「iPhone 6 Plus」から「iPhone XS Max」に乗り換えて感じた違和感の正体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加