前王者・山中が走り込み合宿スタート「自分に厳しくやっていきたい」

前王者・山中が走り込み合宿スタート「自分に厳しくやっていきたい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/07
No image

走り込み合宿をスタートさせた山中(左)とリナレス

前WBC世界バンタム級王者の山中慎介(帝拳)とWBA、WBC世界ライト級王者のホルヘ・リナレス(帝拳・ベネズエラ)が5日、成田市内のゴルフ場で次戦に向けた走り込み合宿を開始した。

8月に王座を奪われたルイス・ネリ(メキシコ)との再戦指令が出ている山中、1月27日に米国で防衛戦を行うリナレス。試合前恒例の合宿だが、真冬の成田で行うのは初めて。山中は「朝晩の寒さ、明るくなる時間とか不安はあるけど、暑いより寒い方が走りやすい」と話した。

中村正彦コーチは「前回のデータがあるので、その内容ができるかどうか。調子を見ながら長い距離、インターバル系を考えています」とメニューを用意している。

ネリとの再戦時期は未定だが、山中は「悔しい思いを持ちながら、自分に厳しくやっていきたいですね。走っている途中で悔しさを思い出せば追い込めると思う。しっかり足腰をつくりたい」と話した。

同級14位のメルシト・ゲスタ(フィリピン)の挑戦を受けるリナレスは「キャンプをして、16日まで東京で練習してアメリカに行く。フィリピン人選手は久しぶり(06年以来)。来年は1月、6月、12月と3試合やりたいね」と、3度目の防衛に自信を見せていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
美女レスラー紫雷イオ写真集 強くて美しい「素顔」
後継者、誕生。――IBF世界スーパーフェザー級王座決定戦
4割超はアムロファッション経験者 “アムラー世代”の関心事はやっぱり!
テレビ東京 15日深夜「新K-1伝説」放送
村田諒太の無敵の笑顔、王者奪取の裏にある心の動き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加