ヤクルト小川監督「他の若いやつは何やってんだか」快投の石川を絶賛

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/08/14

「ヤクルト15-2DeNA」(14日、神宮球場)

ヤクルトが先発全員の17安打で15点を奪って大勝。今季3度目の同一カード3連勝を飾った。

初回に山田哲の30号3ラン、中村の適時打、大引の1号3ランでいきなり7得点。三回にも村上、広岡、青木の3適時打で4点を加えた。六回はバレンティンの25号ソロ、村上の26号2ランで得点を重ねた。

投げては先発の石川が八回1死までノーヒットノーランの快投。伊藤裕にソロを浴びて快挙は逃したものの、8回1安打1失点で6勝目を挙げた。

小川監督は「初回の7点は大きかったが、石川に尽きるんじゃないですか。彼らしく緩急を使ったいい投球だった」とベテラン左腕を絶賛。「年々、向上心を持ってやっている。他の若いヤツは何やってんだか」と、笑顔で39歳の存在感に舌を巻いた。

打線では、山田哲が2年連続4度目の30本塁打に到達。指揮官は「最初の山田のホームランは大きかった」としながら「30号はゴールなわけじゃない。まだまだ」と、さらなる活躍を求めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鳥谷が意味深「最後になるかも...」神宮最終戦で遊安
復帰即猛打の中田ショーに称賛 天井消える二塁打も
日本ハム清宮「まだまだだな」2打点中田との差痛感
ヤクルト山田哲人が途中交代「大事を取ってと」
東京五輪の開会式に備え 大規模な交通テスト実施
  • このエントリーをはてなブックマークに追加