桜島南岳山頂火口、ごく小規模な噴火

  • 西日本新聞
  • 更新日:2017/11/13

気象庁によると、13日、桜島=火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続=の南岳山頂火口で、ごく小規模な噴火が発生した。

10日から13日午後3時までの活動状況を分析した結果、桜島の昭和火口および南岳山頂火口から1キロを超えて飛散する大きな噴石や、小規模な火砕流を伴う爆発的噴火が、引き続き発生するおそれがあるという。

島内に設置している傾斜計および伸縮計では、7日ごろから山体の隆起・膨張を示すと考えられる変化が継続していたが、11日ごろから、わずかに沈降・収縮を示すと考えられる変化がみられた。ただ、姶良カルデラ(鹿児島湾奥部)の地下深部へのマグマ供給は継続しており、今後も噴火活動への警戒は必要。

=2017/11/13 西日本新聞=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
事故ってグチャグチャになったBMWを、歪みなく直すロシアの修理工
各地で“光る物体”目撃、「火球」現象の可能性
「パンチラ撮らせて!」真っ昼間から女子生徒にムチャぶり 品川
「てめえこの野郎」と叫び...1キロ車“追い回す”
交差点ですれ違いざまにカバンずらし 下腹部露出をアピール 北千住
  • このエントリーをはてなブックマークに追加