女子団体追い抜き世界新Vの裏に「4→3作戦」

女子団体追い抜き世界新Vの裏に「4→3作戦」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

高木美帆(17年10月10日撮影)

<スピードスケート:W杯第1戦>◇10日◇オランダ・ヘーレンフェイン

第1日に行われた女子団体追い抜きで、高木美帆(23=日体大助手)、高木菜那(25=日本電産サンキョー)、佐藤綾乃(20=高崎健康福祉大)の日本が、09年にカナダが高地のカルガリーで作った世界記録を0秒02更新する2分55秒77で優勝した。時間のロスを減らすため、先頭交代を昨季までの4回から3回に減らす作戦がはまり、14年ソチ五輪金メダルのライバル・オランダを圧倒した。

記録が出にくい低地での快挙に、ナショナルチームのヨハン・デビット・コーチは「ビッグサプライズ!」と興奮を隠さず、エース高木美も「すごい記録が出せた。チームとしても、個人としても自信になる」と手応えを強調した。目標の平昌五輪金メダルに向け、初戦からライバル国に大きなプレッシャーをかけた。高木菜は「課題をクリアすれば、まだタイムは出る」と力を込めた。悲願の頂点へ、大きく視界が開けた。

◆日本勢の世界記録 個人種目の世界記録は男子では500メートルで過去に3人の日本勢が歴史に名を刻んだ。1969、70年に鈴木恵一が2度、96~01年に清水宏保が4度樹立。05年には加藤条治(博慈会)が20歳の若さで快挙を達成した。90年代の日本男子は層が厚く、1000メートルでは宮部保範と堀井学、1500メートルで野明弘幸が世界記録保持者となった。女子の記録は1929年から残る。平昌五輪で実施される個人種目で過去、日本人の世界記録保持者はいない。

◆団体追い抜き 3人でチームを編成し、2チームがリンクの対角から同時にスタートする。空気抵抗の大きい先頭を入れ替えながら男子はリンクを8周(約3200メートル)女子はリンクを6周(約2400メートル)する。1人あたりの先頭の回数や隊列の順番にルールはなく、3人のうちで最後にゴールした選手のタイムで競う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
オードリー、二人が初めての合コンでご飯を食べられなかった理由にスタジオから悲鳴
女性声優への「一発ヤらせて」発言で批判殺到の新人声優が謝罪 関智一は「僕がやらせてしまった」
安達祐実の“無修正”に反響
「テラハ」カップルが破局を報告も、ゲスな理由に視聴者ドン引き!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加