ブフォン「W杯を最後に引退したかった」 去就は今季終了後に決断へ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/02/15

イタリア1部リーグ(セリエA)、ユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブフォンが14日、トーク番組「マウリツィオ・コスタンツォ・ショー」の収録で「W杯を最後に現役を引退したかった」と心境を告白した。

1月28日に40歳になったブフォンは、今季限りでの現役引退の可能性が報じられている。これを踏まえて「W杯でサッカー人生を終えたかった。それがベストの引退だったと思う」と、ロシアW杯に出場できない悔しさを口にした。

去就については今季終了時にクラブのアニェッリ会長と話し合って決断を下すというが「常にチームの力になりたくてやってきた。決して重荷にはなりたくない」と、複雑な胸中を明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ダレノガレ明美、自分にそっくりとの噂のフィギュア選手への共感を明かす
そだねー! カーリング女子にあやかって、「赤いサイロ」でおやつタイムしてみた
【粋だね】オリンピック期間中の「熊本警察の仕事が早い」と話題 / 電光掲示板「お先どうぞ ゆづる心に 金メダル」など
韓国のライバルにも、KYな質問にも。小平奈緒の“神対応”に、称賛の声
男子スキークロスでカナダ代表が骨盤を骨折 ジャンプのあと空中でバランスを崩す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加