最新ランキングをチェックしよう
二硫化モリブデンへの電子線照射でバンドギャップをコントロール - 千葉大

二硫化モリブデンへの電子線照射でバンドギャップをコントロール - 千葉大

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

千葉大学は10月17日、原子層物質の一種である二硫化モリブデン(MoS2)に、走査電子顕微鏡で電子線を照射するだけで、半導体として重要なバンドギャップが大きくなる現象を発見したと発表した。
同成果は、千葉大学大学院融合科学研究科ナノサイエンス専攻 青木伸之准教授らの研究グループによるもので、10月6日付けの米国化学会誌「ACS Nano」オンライン版に掲載された。
近年、シリコンに代わってグラフェ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【キター!】ついにパラレルワールドの探索が正式開始! 2018年LIGO×Virgoが“余剰次元の呼吸”検知へ!
月・金星・国際宇宙ステーションを1枚に収めた天体写真に絶賛の声 「感動!」「奇跡の1枚ですね」
CRISPR技術による発見が流産率を下げてくれるかもしれない
ありがとう、カッシーニ!20年の土星探査ミッションを終えたカッシーニが撮影した美しい写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加