最新ランキングをチェックしよう
二硫化モリブデンへの電子線照射でバンドギャップをコントロール - 千葉大

二硫化モリブデンへの電子線照射でバンドギャップをコントロール - 千葉大

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

千葉大学は10月17日、原子層物質の一種である二硫化モリブデン(MoS2)に、走査電子顕微鏡で電子線を照射するだけで、半導体として重要なバンドギャップが大きくなる現象を発見したと発表した。
同成果は、千葉大学大学院融合科学研究科ナノサイエンス専攻 青木伸之准教授らの研究グループによるもので、10月6日付けの米国化学会誌「ACS Nano」オンライン版に掲載された。
近年、シリコンに代わってグラフェ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
我々は「STAP問題」の本質を完全に見誤っていた! BBCも理学博士も断言「実験が再現できないのは日常茶飯事」
世界初、長期使用できる硝子体を開発
北九州市大など、「ミセル」において従来の理論では説明できない現象を発見
恐竜の進化史書き換えか 「革命的」新系統樹、英チームが発表
「TRAPPIST-1」の7つの周回惑星のうち、3つで生命存在の確率が高まる...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加