最新ランキングをチェックしよう
二硫化モリブデンへの電子線照射でバンドギャップをコントロール - 千葉大

二硫化モリブデンへの電子線照射でバンドギャップをコントロール - 千葉大

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

千葉大学は10月17日、原子層物質の一種である二硫化モリブデン(MoS2)に、走査電子顕微鏡で電子線を照射するだけで、半導体として重要なバンドギャップが大きくなる現象を発見したと発表した。
同成果は、千葉大学大学院融合科学研究科ナノサイエンス専攻 青木伸之准教授らの研究グループによるもので、10月6日付けの米国化学会誌「ACS Nano」オンライン版に掲載された。
近年、シリコンに代わってグラフェ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キュリオシティが「火星のヒューマノイド」を殺害か!? NASAの異常行動に衝撃広がる
食器用スポンジ?そっくりの生き物がすい臓がん治療薬に?アラスカ
「みちびき3号」打ち上げ成功 GPSや通信など活用
米重巡洋艦「インディアナポリス」の残がい、MS創業者アレン氏が発見
思い込みはどうして起こるのか? - 順天堂大が脳内機構を解明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加