無礼演出は苦肉の策?SMAPの扱いに苦慮する年末音楽特番

無礼演出は苦肉の策?SMAPの扱いに苦慮する年末音楽特番

  • デイリーニュースオンライン
  • 更新日:2016/12/01

『第67回紅白歌合戦』(NHK)の出場歌手総勢46組が11月24日に発表され、出場に注目が集まっていたSMAPはその中に含まれていなかった。同局の籾井勝人会長(73)が「自ら出演交渉を行うこともいとわない」と発言し、注目されていたSMAPの紅白出場だが、NHKによると、今後も特別枠などでの出演に向け引き続き交渉を進めるようだ。

SMAPの解散も刻一刻と迫っているが、ファンの間ではいまだに解散回避を求める署名運動が続いている。これまでSMAPファンの間では、シングル『世界に一つだけの花』の購入や直筆の署名運動が行われていたのだが、最近では、彼らの番組の継続などの嘆願をテレビ局ではなく、ラジオ局の方へ向けているという。

SMAPのメンバーはそれぞれグループとは別にラジオ番組を持っている。ファンの中では、「事務所に送るよりも、ラジオ番組に送る方が、本人たちの目につきやすいのではないか」と囁かれているようだ。

「メンバーのラジオ番組は、SMAPの顔とは異なる素の一面を見せることでも人気を集めています。そのため通常のテレビ番組よりも、メンバーとリスナーとの距離が近い。ファンもこうした特性を利用して、ラジオ局側へも番組の継続、そしてグループの存続を訴えるようになってきているようです」(芸能関係者)

特にメンバーが担当するラジオ番組は、どれも長きに渡り放送され続けている。それだけに、なんとかラジオ番組だけは継続してほしいと願うファンも多いのだろう。最後まで諦めないファン達の熱いハガキやメールでの投稿は、まだまだ続くことになりそうだ。

■ファン運動を利用し炎上狙いも?

一方で、11月17日にSMAPは『ベストヒット歌謡祭2016』(日本テレビ系)に登場した。しかしこれはあくまでも出演ではなく、過去の映像がVTRで取り上げられただけ。現状、SMAPのメンバー全員揃った姿は、依然『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に留まる程度だ。メンバー全員が歌番組に出演することを望む声も高まっていただけに、期待していたファンは大きく肩を落としたようだ。

さらに、番組でのSMAPに対する扱いに不満の声が挙がっていたという。彼らのVTRは「ベストヒット懐かしのアイドル列伝」というコーナーで紹介された。特にSMAPが「懐かしのアイドル」というくくりにされたことが、「過去のアイドル」を連想させるものとして反感を買った。しかし関係者によると、これは制作側の意図も含まれているという。

「番組内でアイドルを取り上げる中で、SMAPを出さないわけにはいきません。それならば、過去のアイドルという捉え方もできるような構成にして、あえて炎上を用いた視聴率の獲得方法を目指したのではないかと思われます」(前出・芸能関係者)

行き場のないファンの怒りをあえて買うことで炎上を狙い、視聴率の底上げを目論んでいたのではというのだ。一定数のファンは怒りながらも番組をみる傾向を利用しているのだとか。ファンにとってはソロ活動が安定するまで、歯がゆい気持ちを持ちながら歌番組をチェックすることになるかもしれない。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)

※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あのM-1芸人、不倫&調子に乗りすぎで芸能界を干される危機か...先輩芸人から反感
成宮寛貴の薬物報道前日に...ナイナイ岡村「この人出したらアカン」発言が波紋
高橋ジョージ「新事実」発言で、三船美佳への批判強まる
ネクストブレイク女優・飯豊まりえの新CM『知ってました?』が話題沸騰中!
星野源『逃げ恥』着用シャツが注文15倍増「“キムタク着用”の売れ方とは違う」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加