ジーター氏投資グループ、マーリンズ買収 米メディア報道

ジーター氏投資グループ、マーリンズ買収 米メディア報道

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

マーリンズが、ヤンキースで活躍したデレク・ジーター氏(43)らの投資グループに球団を売却することで合意したと複数の米メディアが11日(日本時間12日)に伝えた。マ軍にはイチローと田沢が所属している。

No image

現役時代はヤンキースに所属したジーター氏

報道によると、譲渡額は約12億ドル(約1310億円)で、12年にドジャースが買収されたときの20億ドル(約2180億円)に次ぐ2番目の高さ。実質的なオーナーは実業家のブルース・シャーマン氏でプロバスケットボールの元スター選手であるマイケル・ジョーダン氏もグループに含まれているという。ジーター氏は共同オーナーを務めつつ編成トップに就任する見込みだ。

ジーター氏と12~14年にヤ軍で同僚だったイチローは地元紙マイアミ・ヘラルド紙(電子版)の取材に「もし、その質問に答えなければならないなら」と前置きした上で「その役割(編成トップ)を果たせる人物が思いつかないが(ジーター氏は)その役割を果たせるとイメージできる一人の選手」と答えたという。なお、イチローの来季契約は球団が選択権を持っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日米が誇る速球投手の1944年 戦争が変えた2人の運命
MLB人気二塁手「別の仕事探した方がいい」審判“口撃”で罰金100万円 審判団の抗議行動にも発展
武蔵川親方が4月に腎移植手術していた 5月場所で職務に復帰
メジャーリーガーのたくましさを表す「That’s baseball.」
DL入りダルビッシュが投球練習、27日先発復帰へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加