東京近郊で旅を感じるイベント 食欲の秋にぴったり!日本最大級の「パンのフェス」を開催

東京近郊で旅を感じるイベント 食欲の秋にぴったり!日本最大級の「パンのフェス」を開催

  • OZmall
  • 更新日:2017/09/16
No image
No image

週末、旅に出なくても都内や東京近郊で旅気分を味わえる、イベントやお祭りを紹介。地方や外国などのグルメ・伝統・文化を体験しながら、遠くの土地に思いを馳せて。

◆全国80店舗の人気ベーカリーが集合。入場無料で楽しめるパン好きのための祭典

No image

夏の暑さから解放され、食欲の秋が到来。そんな実りの季節にぴったりの「パンのフェス2017秋 in 横浜赤レンガ」が2017年9月16日(土)から9月18日(月)に開催される。北は北海道、南は沖縄まで全国各地から80以上ものベーカリーが港町横浜に集まる日本最大級のパンイベントで、3日間で約14万人の動員数を誇った前回より、さらに質・量ともにグレードアップ! キッチンカーや雑貨ブースなどが並ぶイベントエリアと、ベーカリーが並ぶパン屋さんエリアの2つを入場無料で楽しめる。大盛況のイベントで早い者勝ちなので、有名なパン屋や普段はなかなか行けない地方の名物パンなど人気商品をゲットするなら、パン屋さんエリアの先行入場(300円/11:00~14:30)がおすすめ。当日会場の入場口へ11時までに並ぼう。

No image

左から(c)「菱田ベーカリー」、「スコーンとティータイム famfam」/パンのフェス2017

せっかくなら遠方から出店する珍しいパンを味わいたいもの。中でも、高知県の老舗「菱田ベーカリー」の羊羹ぱんは、甘党なら一度は食べてみたい40年のロングセラー商品。こしあんぱんの上に羊羹がコーティングされたもので、プレーン、栗、柚子、抹茶、紫芋、小倉&ホイップの6種類から好きな味を選べる。岐阜県の「スコーンとティータイム famfam」からは、人気No.1のリッチハニースコーン クランベリーヨーグルトが登場。純粋蜂蜜を贅沢に使用しヨーグルトを加えたしっとり生地に入った、たっぷりのドライクランベリーの甘酸っぱさにやみつきになること間違いなし。そのほか、北海道産の素材にこだわる「ウラヤマベーカリー」のウラヤマカンパーニュも見逃せない。薪の窯で焼くことで余計な水分が逃げず、もっちりしっとりした食感が特徴的。自家製酵母の酸味を抑えた、素材の自然な甘みが感じられるシンプルなパンは自宅に持ち帰りたい。

No image

左から(c)「Marble.coco」、「coco bagel」/パンのフェス2017

また、地方からの出店の中でも専門店にも注目を。商品一筋でとことんこだわった専門店ならではの逸品に出会えるはず。名古屋の「よいことパン」は、子どもからシニアまですべての人が安心できる素材のみを使用する食パン専門店。国産小麦やみりん、胡麻油、玄米を加えることで、風味と食べごたえをアップした食パンは毎日の朝食にぴったり。また、伊豆高原のフロマージュパン専門店「Marble.coco」もおすすめ。24時間氷温熟成させたふわふわ生地でチーズをたっぷり包み込み、表面にもふんだんにチーズがかかった濃厚フロマージュは、まるごとチーズを食べているような気分に。沖縄の無添加ベーグル専門店「coco bagel」からは変わり種も。大人気の白玉シリーズのひとつ、白玉チョコクリームベーグルは、もちもちの自家製白玉とチョコクリームを巻いて焼きあげたもの。自宅に持ち帰り、トースターで2分加熱して白玉を柔らかくしてからいただくとまさに絶品!

No image

左から(c)「THE CITY BAKERY NewYork」、「ブレドール」/パンのフェス2017

地方だけでなく、都内や近郊の人気店も多数出店する。「THE CITY BAKERY NewYork」は、パンのフェス初登場! ニューヨーカーに愛される、中はどっしり、外はカリカリ食感のクロワッサンは、外側にまぶした岩塩の塩気とゴマの香ばしさがほんのりと甘い生地にベストマッチ。そのままでも十分おいしいけれど、ハムを挟むなどサンドイッチにするのがおすすめ。また、遠方から足を運ぶ客が絶えない葉山の名店「ブレドール」の発酵バター入り食パンにもご注目。エシレバターと生クリームを贅沢に使った食パンは、焼かずに食べてもふかふかでやわらか。トーストにすると、表面サクサク中はしっとりの新しいおいしさに感動するはず。

全国各地からさまざまなパンが集合する日本最大級のイベント。秋の三連休は、横浜赤レンガへお気に入りのパンを見つけに出かけよう。

No image

開催日時/2017年9月16日(土)11:00~19:00、9月17日(日)11:00~19:00、9月18日(月・祝)11:00~17:00 ※パン屋さんエリアは各日17:00まで、雨天決行

開催場所/横浜赤レンガ倉庫前イベント広場

神奈川県横浜市中区新港1-1

アクセス/みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分

問い合わせ/info_event@nippan.co.jp(パンのフェス実行委員会事務局)

入場/無料

ただし、パン屋さんエリアのみ

先行入場(11:00~14:30)300円 ※小学生以下無料

一般入場(15:00~17:00)無料

※在庫が無くなり次第、パン屋さんは閉店します

※先行入場の場合でも、店舗によっては完売・閉店している場合があります

※パン屋さんエリア再入場不可

※パン屋さんエリアへのペットの同伴は禁止

※会場で販売されるパンの種類は予告なく変更される場合があります

WRITING/NOZOMI SUZUKI

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【TDR】マレフィセントがデザートになった...ハロウィーン最高級ディナーに舌鼓
【裏メニュー】サブウェイの “ステーキサンドイッチ” が肉汁ジュワジュワ背徳感たっぷりの味 / 追加料金ゼロ! 注文方法はコレだ!!
銀座でパン食べ放題! トッピング充実、時間無制限の 1000円企画
老舗「あつた蓬莱軒」のひつまぶしを東京でも
【チーズ好き必見】“とろ~り”チーズメニューが今だけ半額!「土間土間」全店で「チーズフェア」開催

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加