週間天気 年末年始ごろの寒さ続く

週間天気 年末年始ごろの寒さ続く

  • tenki.jp
  • 更新日:2017/12/06

7日(木曜日)から8日(金曜日)にかけてと、10日(日曜日)ごろに低気圧が通過しますが、その他は冬型の気圧配置になる日が多く、寒気が流れ込むでしょう。全国的に平年を下回る寒さの続く所が多くなりそうです。

No image

週間天気

あすの天気

あす(7日)の日本列島は冬型の気圧配置が緩みます。一旦寒気は弱まって、日本海を低気圧が東北東進し、夜には秋田沖に達する見込みです。
<各地の詳しい天気>
太平洋側の各地は朝晩は雲が多いですが、日中は穏やかに晴れる所が多いでしょう。日差しがたっぷりで、空気が乾燥する見込みです。風は弱まり、九州南部では日差しが暖かく感じられそうです。他は空気が冷たいままで、平年を下回る寒さの続く所が多いでしょう。一方、日本海側は傘の出番が続きます。各地ともに雲が広がりやすく、北海道や東北は朝晩を中心に雪が降るでしょう。北陸の雨や雪は朝までで、日中は曇り空で経過する見込みです。山陰は夕方から、九州は夜に雨や雷雨になる見込みです。沖縄も雲が多く、夜は所々で雨が降るでしょう。
日中の最高気温は、全国的にきょうより少し高くなりますが、それでも平年を下回るでしょう。年末年始ごろの寒さが続きそうです。

あさって以降の週間天気

あさって8日は、低気圧や前線が日本列島を通過するでしょう。日本海側だけでなく、太平洋側も雲が広がりやすく、雪や雨の降る所がありそうです。9日以降は、冬型の気圧配置になる日が多いですが、10日ごろに気圧の谷が通過する見込みです。日本海側は低気圧や前線、寒気の影響で雲に覆われ、雨や雪の降る日が続きそうです。なお、低気圧が通過する北日本は降雪量が多くなる恐れもあります。一方、東日本と西日本の太平洋側も雲が広がり、雨の降る日があるでしょう。内陸では雪のまじる可能性もありそうです。全国的に冷たい空気に覆われるため、気温は平年を下回る日が続く見込みです。12月は何かと気忙しい季節です。寒い日が続きますが、体調を崩さないようにお気を付けください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「仮面ライダー乗り」で男性が公道を疾走 → 危険行為でお縄を頂戴するハメに...
児童から10m、窓落下の小学校は
男性を監禁・暴行・殺害、無理やり糞尿飲ませる
赤ちゃんの遺体にレジ袋 葬儀会社の説明は...
【報ステ】タンクローリーが水路に転落...男性死亡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加