最新ランキングをチェックしよう
テニス・ウィンブルドン選手権で明暗を分けた「ユニクロ」皮肉な結果

テニス・ウィンブルドン選手権で明暗を分けた「ユニクロ」皮肉な結果

  • まいじつ
  • 更新日:2018/07/23

(C)Lucky Business / Shutterstock
テニスのウィンブルドン選手権最終日が7月15日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス決勝で第12シードのノバク・ジョコビッチが第8シードのケビン・アンダーソンを破り、3年ぶり4度目の優勝を飾った。4大大会の優勝は2016年全仏オープンテニス以来だ。
【関連】錦織圭「CM剥奪の危機」全仏オープンに望みをかけ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
水谷 準決勝で敗れ決勝は張本VS林高遠に、過去対戦成績は張本の0勝1敗
張本智和が初V王手、世界6位のカルデラノに完勝
錦織圭選手、“夢に出てくるほど会いたい女性芸能人との対面”かけて真剣勝負『炎の体育会TV SP』
プリスコバ 新コーチに元2位
桃田もフクヒロも。バドミントンS/Jリーグは世界ランク上位対決の連続
  • このエントリーをはてなブックマークに追加