【MLB】田中将大の地区V導く11勝目 ブーン監督は手放し称賛「試合をコントロール」

【MLB】田中将大の地区V導く11勝目 ブーン監督は手放し称賛「試合をコントロール」

  • フルカウント
  • 更新日:2019/09/20
No image

11勝目を挙げたヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

7回4安打1失点で11勝目 自身初&チーム7年ぶり地区優勝へ導く

■ヤンキース 9-1 エンゼルス(日本時間20日・ニューヨーク)

ヤンキースの田中将大投手は19日(日本時間20日)、本拠地エンゼルス戦で7回4安打1失点と好投。今季11勝目(8敗目)を挙げ、メジャー6年目で自身初、チーム7年ぶりの地区優勝を決めた。ポストシーズンでも主戦投手と期待される右腕の好投について、アーロン・ブーン監督は「素晴らしいパフォーマンスで試合を本当にコントロールしていた」と称賛した。MLB公式サイトが伝えている。

田中は4回先頭・カルフーンに右越え32号ソロを被弾したが、リズムを崩さずに7回86球(60球)、6奪三振無四球、4安打1失点。3試合ぶりクオリティースタートを達成し、8月27日の敵地マリナーズ戦以来4試合ぶりの勝ち星を手にした。ブーン監督は「マサは現在とても良い状態だと思う。彼のスプリットは大変良かった。素晴らしいパフォーマンスで試合を本当にコントロールしていた。スプリットがカギだった。かなりキレがあったと思う」と勝負球を称えていた。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
負傷降板のヤンキース・サバシアは左肩脱臼、引退へ
【MLB 優勝決定S】ヤ軍、初回にバーランダー撃ちで逆転! ルメーヒュー先頭打者弾&ヒックス勝ち越し3ラン
【MLB 優勝決定S】田中将大、6回途中4失点も敗因の矛先は打線に 地元メディア「責任はヤンキース打線」
【MLB 優勝決定S】3回に痛恨3ラン被弾の田中将大 「あり得ない...」と悔やんだ先頭打者への四球
【MLB 優勝決定S】崖っぷちヤンキースを惑わす「口笛」 ア軍の“球種伝達疑惑”にヤ軍コーチが新証言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加