カジュアル客船「コスタ ネオロマンチカ」、2018年も「太平洋周遊クルーズ」運航

カジュアル客船「コスタ ネオロマンチカ」、2018年も「太平洋周遊クルーズ」運航

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2017/12/07

台湾や韓国に寄るクルーズも

ヨーロッパ最大のクルーズ会社、コスタクルーズが2018年8月31日(金)以降のクルーズ日程を発表。9月~11月もカジュアル客船「コスタ ネオロマンチカ」(約5万7150トン、最大乗客定員1800人)で、引き続き「太平洋周遊クルーズ」をなど運航します。

No image

カジュアル客船「コスタ ネオロマンチカ」のイメージ(画像:コスタクルーズ)。

8月31日から11月25日(日)まで、東京と神戸を発着港とし、鹿児島や佐世保、長崎に寄港する「太平洋1Weekクルーズ」をはじめ、奄美大島や那覇、基隆(台湾)に寄港する「南国島めぐりクルーズ」など計12本を実施します。

また、8月21日(火)から31日まで「日本海片道クルーズ」を3本運航。21日に舞鶴、 22日(水)に金沢を出港し、韓国の釜山を経由して福岡へ向かい、25日(土)に福岡を出港。釜山や函館などに寄港し、晴海ふ頭(東京)で下船します。

価格は「太平洋1weekクルーズ」が12万6800円から、「日本海片道クルーズ」が5万5080円からです。

【写真】プールが設置された「コスタ ネオロマンチカ」のデッキ

No image

カジュアル客船「コスタ ネオロマンチカ」プールデッキのイメージ(画像:コスタクルーズ)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドイツ製を上回った! 日本の中小企業が手がけたカーボンプロペラシャフト
50年連続黒字を維持する“無名”の自動車部品メーカーが「勇気ある経営大賞」に選ばれたワケ
仕掛け人が語る、ドコモがカーシェア参入のワケ
就職活動、人工知能で私の合否が決まる? 【AI】による採用とは?
マツダの新型ロータリースポーツ、ついに開発車両を目撃!2019年発売へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加